AI、朝ドラの稔が松村北斗だと気付かず「ビックリしました。完璧ですよね」紅白の舞台で共演願う

AI、朝ドラの稔が松村北斗だと気付かず「ビックリしました。完璧ですよね」紅白の舞台で共演願う

AI(写真提供:NHK)

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月28日に会場の東京・東京国際フォーラムで行われている。この記事ではAIのコメントを紹介する。

放送中の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の主題歌である「アルデバラン」を歌唱するAIは、意気込みを問われ「すごい楽しみで、楽しみで。観ている人が『最高!』と思えるようなパフォーマンスができたらと思っています」と笑顔で語った。「カムカムエヴリバディ」の出演者である上白石萌音、松村北斗(SixTONES)も同じアーティストとして「紅白」に出場することについて報道陣に問われると、AIは「稔ちゃん(松村の役名)がSixTONESの子だって、最初知らなくて!」と告白。「知ったときはビックリしましたよ。まさかって。あんなに昔の感じを醸し出せるとは。完璧ですよね」と松村の役者としての才能を絶賛し「どうなるかわからないですけど、(2人と)共演できたら最高ですよね。そんなふうになったら興奮して歌えないかも(笑)」と語っていた。

「自分のツアーのファイナルが延期、延期になったり……コロナ禍の中でライブをやることが、すごい大変だったんです。でも勉強にもなったし、普段なんでもできることが当たり前じゃないと教えられた。ますます気を付けるようになりましたね」と2021年を振り返ったAI。「今年を漢字1文字で表すなら?」と問われると「2文字だったら『除菌』なんですけどね!」と即答したうえで「じゃあ、『金』にしましょうか。(紅白で)菌を金に変えるでいきましょう!」と、改めて大晦日の大舞台への気合いをにじませていた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL