「紅白」10年目の関ジャニ∞「Re:LIVE」にファンの思いと村上の司会祈願を込めて

「紅白」10年目の関ジャニ∞「Re:LIVE」にファンの思いと村上の司会祈願を込めて

関ジャニ∞(写真提供:NHK)

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月28日に東京・東京国際フォーラムで行われている。この記事では関ジャニ∞のコメントを紹介する。

今回の「NHK紅白歌合戦」で、ファンから寄せられたエピソードをもとにメンバー5人で作詞した楽曲「Re:LIVE」を歌う関ジャニ∞。記者から10年連続出場となる紅白への意気込みを問われると、横山裕に促された丸山隆平が「数年連続でもありがたいんですけど、10年かと。関ジャニ∞らしさみたいなものを求めていただく中で、今回ファンの方々と一緒に作らせていただいた『Re:LIVE』の歌詞を紅白で歌えることがうれしいです。関ジャニ∞を知らない人にもこの歌詞を届けたいですね。この曲を紅白で歌うことに意味を感じています」と述べた。

「Re:LIVE」の中で気に入っている歌詞について聞かれた丸山は「私が書いたところなんですけど、『笑顔の花が咲く』という表現が気に入っていますね。声を出せないけどマスク越しにも目が笑っているのを見たら、それだけでも感じるものがある。声が出せなくても伝わることがあるなと思ったので」と話す。「NHK紅白歌合戦」の司会の座を狙っている村上信五は、その話題を振られると、「今年も立候補はしていたんですけど、あえなくあと一歩のところでしたねえ」とコメント。敗因については「朝ドラと大河に出ていないという僕のキャリアの至らなさ。松本潤の大河(2023年放送予定『どうする家康』)には、ねじ込んでもらおうと思っています。岡田(准一)くんも出ますし、僕もしっかり松潤を支えられるように準備だけはしていきたいですね。この思いが“届け”と『Re:LIVE』に乗せて歌おうと思います」と語った。

「今年を漢字一文字で表すなら?」という質問には全員が回答。横山は「始」を挙げ、「ライブもできたし、オリジナルアルバムも関ジャニ∞として出せたのでようやく始まったなと思いました」と述べ、丸山は「全」を挙げ「“出し切る”ことがしづらい世の中だったと思うんですけど、やっとアリーナで満員のお客様を前にすることができたので、お互い出し切れた」とその理由を語った。大倉忠義は「生」を挙げ、「生きづらい2年間があって、緊急事態も明けてきた。個人的には舞台もライブもできたのが大きい出来事。“生”をすごく感じます。客席が埋まっているのを観るとぐっとくるものがありますね」と回答。安田章大は「声」という漢字について「会えなくても声が届く世の中はすごい。実際に会えたら最高ですけど、会えなくても対話することによってエネルギーが生まれて、つながることができるんだなと実感する。1人じゃないと感じるのはいつも声からでした。紅白でも関ジャニ∞の“声”を届けたいです」と思いを述べた。村上は「再」という文字を挙げ、「ツアーも再開できましたし、ファンの皆さまとの再会もあって、エンタメ界の再生にも向かっているのかなと。(紅白の)司会に再チャレンジということもあり……もうこれはNHKさんが使ってくれるまで言い続けようと思います」と再び「NHK紅白歌合戦」の司会の話題に持ち込む。安田が「言っていこう! 言うのはタダ!」と言うと、村上は「こんなに言ってるの、日本中で僕くらいですよ」と笑った。

今年「NHK紅白歌合戦」に出演するジャニーズの中で最年長グループということについては、大倉が「気付けばというところですね。でも僕らも先輩たちの背中を見てやらせていただいてきたので、どういう背中を見せられるかわからないですけど、いい影響を与えられるように、そして来年も選考していただけるようにがんばります」と胸を張った。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL