King & Princeが今年成長したところは?「紅白」囲みでお互いに語り合い「照れちゃいますね…」

King & Princeが今年成長したところは?「紅白」囲みでお互いに語り合い「照れちゃいますね…」

King & Prince(写真提供:NHK)

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月28日に東京・東京国際フォーラムで行われている。この記事ではKing & Princeのコメントを紹介する。

当日歌う「恋降る月夜に君想ふ」で音合わせを終え、囲み取材に登場したKing & Princeは、平野紫耀がスキップしながら登場するなどハイテンションな様子。「NHK紅白歌合戦」出場への意気込みを問われると、平野は「リーダーを願いします!」とリーダーの岸優太に振る。岸は「ありがたいことに4年連続ということで。毎年観てくださる皆さんに新鮮なパフォーマンスをお見せしたいですし、成長もお見せしたい。来年、再来年に続けられるようなパフォーマンスをしたいです」と意気込みを述べた。

メンバーそれぞれが2021年に成長したところについて記者から尋ねられると、まずは神宮寺勇太の成長について平野が「スタッフしか集まらない打ち合わせから神宮寺が参加してくれて、現場リハーサルでも1人で遠くの客席に行って、全体を見てくれる。あれは今年初めての方法でした」とコメント。神宮寺は「今年はみんなのことをいっぱい見ましたね。(ファンの)皆さんの気持ちになって考えることが多かった1年です。(メンバー)みんなカッコよかったです」と笑顔を見せた。

永瀬廉の成長したところについて平野は「合いの手がうまくなった。話していて気持ちがいいんですよ。フォローもすかさず入ってくれる」とコメント。髙橋海人は「僕1個(永瀬の)めっちゃ好きだと思ったところがある!」と声を上げ、「休憩中に僕らが寝ているときに、廉は1人楽屋の奥でブツブツしゃべってるんですよ。近付いてみると、1人で朝ドラ(「おかえりモネ」)の台本を確認したり、方言を勉強したり寝ずにやっていて感心しました」と永瀬の努力を讃えた。平野も「相づちの練習かと思ってたよ」とボケつつ、「えらいね」と褒め、永瀬はうれしそうに笑った。

岸は「紫耀のツッコミには助けられた。軌道修正してくれるんですよ」と、平野の成長したところを挙げる。またダンスプラクティス動画も平野が率先して作業を進めたそうで、神宮寺は「映像を何度も見返して、家に帰って覚えたものを僕らに教えてくれた。海人もだけど、本当にありがたかった」と平野に感謝の思いを伝える。永瀬も「何回も(平野を)先生と呼びそうになったよ」と平野とのエピソードを明かした。

「岸くんは成長したところがありすぎるんだよね」と平野は話し始め、「個々の活動が多くて集まったときに疲れた顔をしていることも多かったけど、岸くんだけはモチベーションを保ってみんなを笑顔にしてくれた。リーダーとしては一番の役目を果たしてくれて、そういう面で1等賞をあげたい」と岸を評価。「照れちゃいますね……」と岸がつぶやくと、平野は「なんて!? モゴモゴしてて聞こえないよ!」とツッコミ。神宮寺は「これがツッコミです!」と平野の成長した点である“ツッコミ”がこの場でも炸裂したことをアピールした。

髙橋の成長したところについては神宮寺が「King & Princeとして初めて振り付けをしてくれたんですけど、それがすごくカッコよかった。海人ってこういう魅力もあるんだと初めて知りましたね」と述べる。永瀬も「海人っぽい振り付けで、新鮮な気持ちで振りを覚えられた」と話し、岸は「打ち合わせで率先して自分の意見をぶつけてくれたのもよかった。僕よりも年下だけど尊敬できるなと思いましたね」と髙橋の積極的な態度を褒めた。髙橋は「若い世代のジャニーズでパフォーマンスを盛り上げていけたらと思っていて。勉強して、ダンス面で引っ張っていけたらと思います」と得意なダンスでジャニーズを引っ張る意欲を見せた。

今年を漢字1文字で振り返る恒例質問には神宮寺が「演」、永瀬が「磨」、平野が「合」、岸は「越」、髙橋は「金」を挙げた。神宮寺は「今年はコンサートもやらせてもらいましたし、個人仕事でお芝居の仕事もやらせていただいたので『演』」と理由を述べ、永瀬は「この1年はKing & Princeとしても個人としても大きな仕事をさせてもらって、自分を磨く機会が増えた。ダンスプラクティス動画でもグループ内で切磋琢磨できたので『磨』」とコメントした。「合」という文字を挙げた平野は「話し合いもたくさんしてメンバーのいろんな意見を聞けて、さらにメンバーのことを知れた1年。2年ぶりにツアーができてファンと会ってファンの方々と気持ちを合わせることができました」と語る。昨年の「超」に続き、今年は「越」を挙げ「スーパーと読む」と説明した岸。「今年スーパーがんばったかと言うと自分でも納得いかないですが、来年はもっとスーパーがんばって1人前になりたいです」と決意表明した。髙橋は「オリンピックもありましたけど、今年は初めて有観客ライブをひさしぶりにさせていただいて、ファンの方と向き合いましたし、たくさんみんなに向き合うことができたので自分に金メダルをあげたい。あと紅白に向けて髪に金を入れたので」と「金」を今年の漢字に挙げた理由を語った。

また「第72回NHK紅白歌合戦」では、永瀬も出演する「おかえりモネ」のコーナーが放送される。すでに収録は終わっているそうで、永瀬は「幼なじみ組が集結するんですけど、『おかえりモネ』を観てくださっていた方からすると、感慨深くて涙ぐむかも。自分たちも『懐かしいね』って帰りの車で寂しくなりました。楽しみにしていてほしいですね」とコメント。ゲスト審査員として出演する永浦百音役の清原果耶と菅波光太朗役の坂口健太郎については「りょうちん(永瀬が演じた及川亮のあだ名)がんばるからちゃんと観ててねという感じですね。授業参観みたいな感じもありますが、2人にはいいりょうちんを見せたいです」と思いを述べた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL