NiziU、9人で立つ紅白の舞台に「気合い入ってます」1人ひとりが色を出して“カラフル”なステージに

NiziU、9人で立つ紅白の舞台に「気合い入ってます」1人ひとりが色を出して“カラフル”なステージに

NiziU(写真提供:NHK)

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月29日に東京・東京国際フォーラムで行われている。この記事ではNiziUのコメントを紹介する。

昨年に続き2度目の出場で、今回「Take a picture」を披露するNiziU。報道陣へ向けて自己紹介をすると、MAKOは本番へ向けて「当日は紅白のステージにふさわしいパフォーマンスをお届けしたいですし、今年の紅白のテーマが『カラフル』ということで、個人個人がカラーを出して、9人で素敵なステージをお届けできたらと思います」とグループとしての意気込みを語る。

昨年の初出場時には家族や友人からの祝福や反響に驚いたというRIKUは「私たちもちょっとは成長したかなと思いますので。心にも少し余裕がありますし、去年よりもいいパフォーマンスができるように挑みたいと思います」とコメント。一方で、昨年は紅白のリハーサルに参加できなかったMAYAは 「ここでしか味わえない雰囲気があるなと思います。今年も9人で出させていただけるということで気合いも入っていますし、最高のパフォーマンスがお届けできるようにがんばります!」と喜びの思いを語った。

披露曲「Take a picture」については、NINAが「私たちNiziUは“虹”のイメージもあるので、カラフルに……フレッシュで魅力的なステージをお見せできたらと思います」とコメントする。写真を撮るポーズが振り付けに盛り込まれていることから、「メンバーの中で写真が撮るのがうまいのは?」と質問が飛ぶと、RIOは「身長が高いNINAやAYAKAにお任せすると、きれいに写るかなと思います。自撮りが上手だと言われているのはMIIHIです」とNiziUの“写真撮影事情”を説明。そしてRIMAは「ダンスの中にある自撮りのポーズにもメンバーそれぞれの角度があるので、注目してもらえたら」とアピールした。

なお、9人が着用していた純白の衣装はリハーサルと会見のために作られたものだといい、MIIHIは「特別な雰囲気が出ていてうれしいですし、リハーサルを終えて『年末だなあ』という気分になりました」と笑顔を見せる。本番へ向けての楽しみについて、AYAKAが「去年はおそばをいただいて。今年もあるのかな?という期待があります」とマイペースに語ると、メンバーもこの言葉に笑顔で同調していた。

今年一年を表す一文字についての質問には、MAYUKAが「初」と返し「1stアルバムをリリースしたり、初の有観客公演ができたり、初めて経験することが多く、学びも多かったです。濃い1年になったんじゃないかなと思います」とその理由を語った。最後にMAKOはNiziUの2022年について「目標は単独ライブをすること。『去年よりも成長したね』と1つでも思える年にできたら」と抱負を語り、会見を締めくくった。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL