SixTONESが常田大希との共演願い「いつかコラボしマスカラ」、実現したら「うしろでこっそり踊る」

SixTONESが常田大希との共演願い「いつかコラボしマスカラ」、実現したら「うしろでこっそり踊る」

SixTONES(写真提供:NHK)

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月29日に行われている。この記事ではSixTONESのコメントを紹介する。

SixTONESが披露するのは、常田大希(millennium parade、King Gnu、PERIMETRON)提供の5thシングル曲「マスカラ」。この曲について京本大我は「色っぽい大人の楽曲で、今年いろんな場面で披露させていただいた曲なのでひとつの集大成として皆さんと盛り上がっていければと思います」とコメントした。渋谷のスタジオ内で同曲を歌唱することに関して田中樹は「照明などすごくこだわってセットを作っていただいて、楽曲の世界観に沿った演出になっております」と話し、ジェシーも「ホントにすごいですよ!」と期待を煽った。

またmillennium paradeとして今年の「紅白歌合戦」に出場する「マスカラ」提供者の常田は昨日、囲み会見に臨んだ。その場で常田はSixTONESのステージのバックで演奏したかったが、移動の都合でそれは叶わなかったと話していた。そんな常田の発言に田中は恐縮しつつ「バックなんておこがましいですよ。常田さんと『どこかでコラボできたらいいね』って話してたんですけど、もし一緒にやったら俺らが注目されなくなっちゃうんじゃないかな」と冗談交じりに語った。ただ森本慎太郎はいまだに常田たちがバックバンドとして参加することを期待しているようで「サプライズでもしかしたらあるんじゃないかなと思ってます。僕らのステージに来てほしいです!」とメッセージを送る。すると松村北斗は「願うのは自由だからね」と続けて、「ホントに来てくださったら楽器のうしろでこっそり踊ります」と思いを口にした。そんなメンバーの思いを代表するようにジェシーは「いつかコラボしマスカラ!」と声高に宣言した。

続いて囲み会見は松村が雉真稔役で出演したNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の話題へ。稔が劇中で戦死していることから、記者に「稔さん生きてたんですね!」と声をかけられると松村は「僕はなんとか……」と答え、「松村北斗はSixTONESに徹して、朝ドラで共演した上白石萌音さんや主題歌を歌ったAIさんのことは雉真稔として応援できればと思います」と思いを語った。稔役を熱演した松村について森本は「テレビ越しで観ると『あれはホントに北斗かな?』って。北斗とは別人に見えて『うちの北斗すげえじゃん』って勝手に誇らしく思ってましたね」と胸を張った。

昨年メンバーのコロナ感染によって「紅白歌合戦」初出場が叶わなかったSnow Manへのコメントを求められると、田中は「Snow Manのみんなは相当爆発力があると思うので、僕たちから何かアドバイスするというより、Snow Manやほかのアーティストに負けないようにがんばるのみです」と言葉に力を込めた。最後に記者から「今年を表す漢字1文字は?」と聞かれたSixTONES。メンバーを代表して高地優吾が「縁」という1文字を発表し、「今年はSixTONESとして配信ライブでスタートして有観客ライブもして。ファンの近くでライブをやらせていただいたこと、あと常田さんとのご縁で『マスカラ』を歌わせていただけたこと。いろんな縁があったので」と説明した。「皆さんの総意でよろしいでしょうか?」と聞かれた高地以外のメンバーは「もちろん」と口々に答え、ジェシーは「押忍!」と力強く同意した。

※高地優吾の「高」ははしご高が正式表記。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL