Snow Manが1年越しの“リベンジ『D.D.』”、夢焦がれた紅白のステージへ「どでかい花火打ち上げたい」

Snow Manが1年越しの“リベンジ『D.D.』”、夢焦がれた紅白のステージへ「どでかい花火打ち上げたい」

Snow Man(写真提供:NHK)

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月29日に東京・東京国際フォーラムで行われている。この記事ではSnow Manのコメントを紹介する。

昨年はメンバーの新型コロナウイルス感染を受けて、紅白出場を辞退したSnow Man。彼らは1年越しで紅白のステージに立ち、昨年パフォーマンスする予定だったデビュー曲「D.D.」を披露する。リーダーの岩本照は「このステージに立ちたいという思いだけでは立てない中で、初出場の機会をもう一度作ってくださった方々、楽しみに待ってくださった皆さまに感謝して、去年できなかったパフォーマンスをできればと思っています」と意気込んだ。今年のヒット曲も多い中、昨年1月にリリースされたデビュー曲「D.D.」を披露することについて、佐久間大介は「前回できなかったのでリベンジです。“リベンジ『D.D.』”できるのがすごくうれしいので、どでかい花火打ち上げたいなと思います」と話し、「ここ、大文字で書いといてください」と記者陣に呼びかける。ラウールは終えたばかりの紅白のリハーサルを振り返り、「この1年間、紅白のためにがんばってきたと言っても過言ではないので、不思議な力が湧いてきましたね」と目を輝かせた。

今年初出場できることが決まったときの心境を問われると、深澤辰哉は「出れることになったときは、みんなで飛び跳ねましたね。席から立って騒いでました」と喜びいっぱいに語った。Snow Manは紅白初出場を滝沢秀明から直接知らされたという。向井は「あの日は我々、急遽仕事が入ったと言われたんですよね。何のお仕事やろって思って、その場所に行ったら滝沢くんがいて、『紅白決まりました』っていきなり言われて。滝沢くんから『がんばれよ』っていう気持ちを直接受け取りました」と振り返った。

2021年のオリコンランキングを席巻したことをどう受け止めているか問われると、目黒蓮は「本当にファンの皆さんのおかげだなって。これからパフォーマンスだったりでどれだけファンの皆さんに恩返しできるのか考えています」としみじみ。今年を表す漢字1文字を聞かれると、阿部亮平は「共」を挙げ、「いろんな記録をファンの皆さんと分かち合えたのもありますし、Snow Manとしてデビュー後初の有観客ライブをできて、それをファンの方々とともに喜べたので」と理由を説明した。

SixTONESとの紅白共演について、阿部は「去年の紅白の会見でSixTONESが『Snow Manのぶんも』って言ってくれたのがうれしかったので、その恩返しも含めて、夢焦がれた舞台で思いを爆発させたいなと思います」と思いを噛み締める。宮舘涼太がKAT-TUNとの共演について「亀梨(和也)くんには日頃からお世話になってますので、心と心のハグをできたらいいなと思います」と語ると、佐久間が横から「ナイスソーシャルディスタンス!」と拍手した。

最後に紅白で楽しみにしていることを尋ねられた渡辺翔太は「裏でいろんな人とすれ違えること」と初々しく回答。向井康二から「ミーハー!」という声を受けつつ、渡辺は「さっきも司会の方とかの楽屋を通って、ああ、紅白に出れるんだって思ったり」と緊張した面持ちで話し、メンバーと記者陣を笑わせて会見を締めくくった。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL