上白石萌音、“令和の装い”で松村北斗に遭遇

上白石萌音、“令和の装い”で松村北斗に遭遇

上白石萌音

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月29日に東京・東京国際フォーラムで行われている。この記事では上白石萌音のコメントを紹介する。

今年は大河ドラマ「青天を衝け」とNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」への出演、紅白初出場と大活躍の上白石は「大河と朝ドラの台本を2冊持ちしてたときは、今年が人生のピークかもしれないと思ったんですが、紅白出場が決まってそれを確信しました。今年がピークです」と言い切り、記者から「まだまだピークは続きますよ!」と声をかけられていた。上白石は紅白に向けて「さっきリハーサルをしてきて、やっと実感が湧いてきました。明後日、必ず緊張すると思うのですが、曲の力と演奏の美しさを信じて、心を込めてがんばりたいなと思います」と意気込む。そして「生演奏でピアニストの角野隼斗さんとストリングスの皆さんとコラボさせていただくのですが、音をしっかり聞いて1人じゃないということを感じながら歌いたいと思います」と話した。

この日、上白石は「カムカムエヴリバディ」で共演したSixTONESの松村北斗と会場でたまたますれ違ったという。彼女は「『あー! がんばってください』と。すっかり令和の装いで。キラキラされてました」と笑った。今年を表す漢字1文字を聞かれると、上白石は「動」と回答。「止まることなく動き続けた年でしたし、それに伴って人生的な意味でも動きの大きい年だったなと思います」と振り返り、「来年もきっとノンストップでがんばることになりそうなんですけど、今年は人生を動かすような出会いもたくさんあったので、それを糧にして1つひとつ丁寧にがんばります」と2022年に向けて語った。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL