「金田一少年の事件簿」犯人役を演じた上白石萌歌、今度は道枝駿佑演じる金田一一の幼馴染役に

「金田一少年の事件簿」犯人役を演じた上白石萌歌、今度は道枝駿佑演じる金田一一の幼馴染役に

左から上白石萌歌、道枝駿佑(なにわ男子)、沢村一樹。 (c)日本テレビ

上白石萌歌が4月よりオンエアされる日本テレビ系の新日曜ドラマ「金田一少年の事件簿」に出演することが発表された。

ドラマ「金田一少年の事件簿」は、1995年の初放送から幅広い世代の支持を得ている謎解きミステリードラマの金字塔的な作品。今回の新シリーズは2014年に放送された「金田一少年の事件簿N(neo)」以来およそ8年ぶりで、選りすぐりのエピソードを現代の視点で再構築した“金田一少年の決定版”ともいえるストーリーが描かれる。

5代目・金田一一役を道枝駿佑(なにわ男子)が演じることはすでに発表されていたが、このたび上白石が金田一一の幼馴染である七瀬美雪役、沢村一樹が警視庁捜査一課の剣持警部役を務めることが明らかになった。これまでともさかりえ、鈴木杏、上野樹里、川口春奈が演じてきた美雪役に挑む上白石は、オファーを受けた際の心境について「まさか自分が美雪の役をやらせて頂けるなんて思ってもいませんでした。感慨深い気持ちと、初心にかえるような気持ちが入り混じり、今から撮影が楽しみです。自分なりの美雪像を作っていけたらと思っています」とコメントしている。なお上白石は2014年に放送された「金田一少年の事件簿N(Neo)」第1話の犯人役を演じており、シリーズには2回目の出演となる。

上白石萌歌 コメント

14歳の時に「金田一少年の事件簿N(Neo)」で犯人役として出演させて頂いたのですが、7年ぶりにまさか自分が美雪の役をやらせて頂けるなんて思ってもいませんでした。感慨深い気持ちと、初心にかえるような気持ちが入り混じり、今から撮影が楽しみです。過去の作品を見ながらも、自分なりの美雪像を作っていけたらと思っています。
主演の道枝さんとは初共演なのですが、透明感があって、お芝居に対して一生懸命な姿や眼差しが素敵だなと思っています。ひたむきさの中にチャーミングな一面がある所など、一(はじめ)ちゃん役にぴったりだなと思いました。沢村さんとも初共演なのですが、同じ鹿児島県出身ということもあって、初めてのような気がせず、親近感を抱いています。爽やかなお父さんのような印象で、ご一緒するのが楽しみです。
主演の道枝さんをはじめ、キャストの皆さんも魅力的に一新される新しい「金田一少年の事件簿」をお届けできると思います。是非、皆さん楽しみに待っていてください!

沢村一樹 コメント

様々な先輩方が演じてきた役ですので、今回自分が演じることになって、とても感慨深い気持ちです。沢村一樹バージョンの新しい剣持警部をお届けできたらと思います。これまでに色んな刑事の役を演じさせて頂きましたが、高校生を捜査に引き込むという剣持警部のような刑事は初めてです。金田一一(はじめ)のこともしっかりと理解して、後ろから支えている存在でもあると思うので、このドラマを通じて、「若い人達をちゃんと理解できる大人もいる」ということもしっかり表現できたらいいなと思っています。
主演の道枝くんとは過去にドラマで共演したことがあるのですが、前にぐっと出るエネルギーを感じたのが印象に残っています。年を経て、雰囲気も変わった道枝くんと再び共演できるのはすごく楽しみです。上白石さんは初対面ですが、とてもしっかりしている方だなと思います。同郷でもあるので、鹿児島弁でもお話できるように仲良くなっていけたらと思っています。
道枝版の金田一を後ろからしっかりと支え、視聴者の皆様にハラハラドキドキワクワク、楽しんで頂けるような作品を作りたいと思っています。是非ご覧ください。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL