新塘真理が音楽活動を本格化、木内友軌を迎えた楽曲「曇らせたあたし」リリース

新塘真理が音楽活動を本格化、木内友軌を迎えた楽曲「曇らせたあたし」リリース

新塘真理

新塘真理が楽曲「曇らせたあたし」を6月29日に配信リリースする。

これまで“歌ってみた”動画やインスタライブなどで歌声を披露してきた、インフルエンサー兼YouTuberの新塘。「曇らせたあたし」は彼女にとって本格的な音楽活動のスタートとなる楽曲だ。作曲は音楽プロデューサー・木内友軌が手がけ、作詞は新塘自身が担当。「自分には合わないけれど好きになってしまった人」をテーマに、等身大の気持ちがつづられている。

新塘真理 コメント

これまで、歌ってみた動画やインスタライブなどで歌声を披露することはありましたが、今回から本格的な音楽活動をスタートします。歌は好きだけれど自信がなかった過去から脱却するため、ボイストレーニングにも通いました。作品も良い作りたいと思ったので、音楽プロデューサーに、三阪咲さんやDEAN FUJIOKAさんなどの楽曲制作やライブに携わる木内友軌さんを迎え、多くのディスカッションを経てイメージを膨らませてきました。ぜひ、これからの音楽活動にも注目していただきたいです!

歌詞については、自分には合わないけれど好きになってしまった人をテーマに木内さんと共作しました。
自分を偽りながら都合よく一緒にいたけれど、もうこれ以上は一緒にいられないと離れる決心をした女子が主人公です。本当は太陽のようにキラキラ輝いてる気持ちを持っているけど、その手で曇らせてしまう。でも、雲間から光が覗くたびに気持ちは揺れてしまいます。
そんな自分にも嫌になってしまうし、やっぱり好きなんだよなという気持ちに気づいてしまうもどかしい心情を歌った曲です。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL