日向坂46佐々木久美がロッチと通話、キャプテンとしての本音を明かす

日向坂46佐々木久美がロッチと通話、キャプテンとしての本音を明かす

「RING3」第33回のサムネイル。

佐々木久美(日向坂46)が、本日6月30日22:00にYouTubeでプレミア公開される「RING3」第33回に登場する。

「RING3」は「THE FIRST TAKE」の制作チームが手がける“電話インタビュー”コンテンツ。出演アーティストが相手も質問も一切不明のまま電話を取ることで、知られざる素の部分が明るみになる。

今回佐々木の電話相手として登場するのはロッチの2人。佐々木は、共演経験はあるもののしっかりと話す機会はなかったという2人を相手に、日向坂46のキャプテンとしての本音や自身の学生時代のキャラ、両親への思いなどについて赤裸々に語る。

※「RING3」の3は3乗が正式表記

佐々木久美 コメント 

日向坂46の佐々木久美です。どなたからかかってくるかわからない状態ではじまる「RING3」は一発撮りだからこそのリアクションや表情をみていただけるのではと思います。普段番組などではパーソナルなことをみっちりお話しする機会というのはなかなかないことなので、とっても貴重な時間でした。更に電話越しということで、お顔を合わせてお話しするのとはまた違った感覚がとっても新鮮で楽しかったです。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL