THE RAMPAGE・RIKU「ハイロー」新作の劇中歌を担当、歌詞書き下ろした初のソロ曲を提供

THE RAMPAGE・RIKU「ハイロー」新作の劇中歌を担当、歌詞書き下ろした初のソロ曲を提供

RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)(c)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (c)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのRIKUが、9月9日に公開される映画「HiGH&LOW THE WORST X」の劇中歌を担当する。

「HiGH&LOW THE WORST X」はEXILE HIROがプロデュースする「HiGH&LOW」シリーズと、高橋ヒロシのマンガ「クローズ」「WORST」がクロスオーバーした映画「HiGH&LOW THE WORST」の続編。RIKUが歌詞を書き下ろした初のソロ楽曲である劇中歌「Stand by you」は、それぞれのキャラクターの秘めた熱い思いを代弁するかのような優しいメッセージにあふれたものとなっている。

RIKUは劇中歌を担当することについて「楽曲が完成した時は嬉しい気持ちはもちろんですが、どちらかというと、この楽曲が映画の世界観にハマりますようにという願いとプレッシャーのほうが大きかったですね」と正直な思いを吐露。歌詞については「楓士雄や須嵜など登場するキャラクターたちの気持ちを想像しながら、歌詞を書き綴っていきました。自分も同じ場所で一緒に戦っていたらどういう風に思うかな?仲間って自分にとってどんな存在かな?と想像もしました。あとはTHE RAMPAGEとして、また歌手としての自分のフィルターを通した言葉と思いも投影させてもらいました」と語り、歌唱については「どうしても譲れない信念みたいなものを描ければと思い歌いました」と明かした。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL