ヒトリエが駆け抜けた夏の終わり、全国ツアーファイナル迎え「まだまだやりますよ、このバンドは」

ヒトリエが駆け抜けた夏の終わり、全国ツアーファイナル迎え「まだまだやりますよ、このバンドは」

ヒトリエ(撮影:西槇太一)

ヒトリエの全国ツアー「ヒトリエ Summer flight tour 2022」のファイナル公演が、9月22日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)にて開催された。

「ヒトリエ Summer flight tour 2022」は最新アルバム「PHARMACY」を携え、全国15公演にわたって行われたツアー。新作の楽曲を中心としたセットリストで各地のファンを大いに沸かせるツアーとなった。

開演時刻を迎え、ステージに現れたシノダ(Vo, G)、イガラシ(B)、ゆーまお(Dr)が最初に披露したのは「PHARMACY」でも1曲目を飾る「Flashback, Francesca」。退廃的な空気をまとったこの曲で、彼らはオーディエンスを徐々に彼らの世界に引き込んでいく。その後は「ゲノゲノゲ」、そして「ハイゲイン」を披露。ヘビーなサウンドで一気にフロアのテンションを上昇させた。シノダは「今日のこの会場の気温は3万8000℃に達するでしょう。余すところなく楽しんでいってください!」と宣言し、この日の熱演を誓った。

「風、花」の涼やかなアンサンブルを届けたかと思えば、シノダがハンドマイクで観客を煽る「SLEEPWALK」、浮遊感に満ちた「電影回帰」とタイプの異なる楽曲を次々と投下し、ヒトリエはその音楽性の豊かさを改めてオーディエンスに印象付けていく。イガラシの哀切なベースソロから始まった「極夜灯」で会場をしっとりとした雰囲気に染めたあとは「Neon Beauty」へ。ゆーまおが刻むビートに乗せて、観客も心地よさそうに体を揺らした。

MCでシノダは“Summer flight”と名付けた今回のツアータイトルについて「夏という季節を駆けずり回って、東京に帰ってきたら涼しいのなんの……(笑)」と、夏を過ぎてからファイナルを迎えた心境を語る。しかし「そんなの私が認めませんよ! ここから先はブチ上げて行きます」とさらに盛り上げるという気合を見せ、大きな拍手を浴びた。その言葉通り、ライブ後半戦は「カラノワレモノ」の鮮烈なビートで幕を開ける。「Flight Simulator」「踊るマネキン、唄う阿呆」に続いてはシノダの「まだまだ足りねえよな? ちょうど3分29秒くらい足りねえよな!」という絶叫から「3分29秒」へ。「アンノウン・マザーグース」で場内の熱気をピークに誘ったあとは、その空気を和らげるように「strawberry」のポップなサウンドを届けた。

最後にシノダは、中止や延期に見舞われることなく全公演を走破した思いを「滞りなく回ることができました。何年ぶりかで充実した夏を送った気がします」と明かし、「今年の夏が一番好きだな、と思いました。みんなのおかげだよ、本当にありがとう」とファンに感謝を述べた。そして「終わりゆく2022年の夏、やってくる新しい夏に捧げます」と語り、「Quit.」を情感たっぷりに歌う。本編ラストは「ステレオジュブナイル」で締めくくられた。

アンコールでは12月2日に、初のアルバム「ルームシック・ガールズエスケープ」のリリース10周年を記念したライブを行うことがシノダから発表され、ファンを大喜びさせた。その後は3人がそれぞれ挨拶。ゆーまおは「いいツアーになりました。最後まで駆け抜けることができました」と充実した表情を見せる。イガラシは10年前の1stアルバム制作当時を「『wowakaとバンドやるんだ』ってめちゃくちゃワクワクしてました」と振り返ったあと、大切なアルバムに対する思いとZepp Hanedaという新しい会場のステージに立った思いを「どちらの意味でも、バンドを続けてきてよかったです」と表現した。

シノダは「ああ、終わりかー」とツアーの終幕を惜しみつつ「でもまだまだやりますよ、このバンドは」とさらなる前進を誓い、アンコールとして「curved edge」「インパーフェクション」をダイナミックに演奏。最後に「ポラリス」の希望にあふれたアンサンブルを届け、全15公演のツアーの幕を下ろした。

このツアーファイナル公演のアーカイブ映像はStreaming+にて9月28日23:59まで配信中。視聴チケットは28日21:00まで販売されている。

「ヒトリエ Summer flight tour 2022」2022年9月22日 Zepp Haneda(TOKYO)セットリスト

01. Flashback, Francesca
02. ゲノゲノゲ
03. ハイゲイン
04. 風、花
05. SLEEPWALK
06. 電影回帰
07. イヴステッパー
08. 極夜灯
09. Neon Beauty
10. カラノワレモノ
11. Flight Simulator
12. 踊るマネキン、唄う阿呆
13. 3分29秒
14. アンノウン・マザーグース
15. strawberry
16. Quit.
17. ステレオジュブナイル
<アンコール>
18. curved edge
19. インパーフェクション
20. ポラリス

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL