庄村聡泰が“総指揮”務める音楽集団・不楽足ル、ワーナー内レーベルから新曲「大厭会」リリース

庄村聡泰が“総指揮”務める音楽集団・不楽足ル、ワーナー内レーベルから新曲「大厭会」リリース

不楽足ル

[Alexandros]を勇退した庄村聡泰が“制作総指揮(プロデュース)”を務める音楽集団・不楽足ル(フラクタル)が、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル、DEATHOLOGYよりディストリビューションデビュー。9月25日に新曲「大厭会」を配信リリースすることが発表された。

不楽足ルは、“歌劇な過激団”を謳うパフォーマンス集団。団員は男性5名、女性1名で、「ポカリスエット」CMメインキャストやランウェイ出演者、俳優、元メンズアイドルなど多彩な経歴を持つメンバーで構成されている。昨日9月24日に、東京・新代田FEVERにて「フラ924ス」と題された初めてのライブを開催した。

「大厭会」は、大胆な変拍子を加えた疾走感と焦燥感あふれる曲調で、シャウトや語りなどを織り交ぜながら正気と狂気の狭間を表現する、2分50秒の楽曲となっている。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL