脇田もなり「うれしいうれしいうれしい!」6周年ライブにあふれた1年ぶりの“パーティ感”

脇田もなり「うれしいうれしいうれしい!」6周年ライブにあふれた1年ぶりの“パーティ感”

脇田もなり

脇田もなりのワンマンライブ「MONARI WAKITA 6th Anniversary Live - SEXENNIAL CELEBRATION! -」が9月23日に東京・青山 月見ル君想フで開催された。

2016年9月1日にソロ活動をスタートさせて以来、毎年9月に周年ワンマンライブを行っている脇田。今年は8月に1年2カ月ぶりのニューシングル「La Shangri La」をリリースしたことも記念して公演が開催された。今回も脇田の楽曲プロデュースを手がけるDorian(Synth)、彼女のライブでお馴染みのKAYO-CHAAAN(Key, Synth Bass)がライブをサポート。今年1月のバースデーライブが新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催見送りになったこともあり、この“ドリカヨ”編成でのパフォーマンスは昨年の5周年ライブ以来1年ぶりの披露となった。

開演時刻を過ぎると、DorianとKAYO-CHAAANが紡ぎ出す心地よいビートが会場に充満する中、バックに大きな月が浮かぶ月見ル君想フのステージに脇田が登場。オーディエンスによる歓迎の拍手を浴びつつ、オープニングトラックからそのままつなげる形で「遊星からのアイラビュー oh! oh!」を1曲目に披露した。さらに脇田はアシッドジャズテイストの「Cloudless Night」、冗談伯爵のカバーであるソウルフルな1曲「LED」、ディスコチューン「IRON」を次々に歌い、突き抜けるように伸びやかな歌声を会場いっぱいに響かせる。彼女の「今日は踊りまくっちゃってくださいね」という言葉の通り、このライブを待ち望んでいた観客はフロアを包み込んでいく音楽に身を任せ、思い思いに体を揺らした。

序盤の4曲を終えた脇田は「ひさしぶりのパーティ感がすごいですね。うれしいうれしいうれしい! うれしいうれしい、どうしよう!」とライブができる喜びを全身からあふれさせ、「いろいろ止まってしまったりもあったんですけど、我慢した分、うれしいがもっと増すというか、すごくポジティブに考えてます」と晴れやかな表情で挨拶。朗らかなムードを醸し出したまま、「愛のデカダンス」「FRIEND IN NEED」「エスパドリーユでつかまえて」などを立て続けに歌唱した。その後のMCでは、脇田の口から「6年のうちの3年は猛烈にライブして、アルバムを1年ずつ出して、すごい駆け抜けて活動していて、あと3年は『動けなーい』という感じだったんですけど、そこのピークを超えたところで1回、無になったんですよ。無になったあとに『La Shangri La』のリリースイベントに出たときに、心から楽しいという気持ちになって。今考えたら、あってよかった3年だったかなって」とコロナ禍の日々を振り返る前向きな言葉が。この話を全肯定するように、フロアから温かい拍手が送られた。

脇田はここからライブが後半戦に移ることを宣言すると、曲間をつなげながら最新シングル曲「La Shangri La」や、シンセポップ「Boy Friend」、ソロデビュー曲であるディスコブギー調のナンバー「IN THE CITY」などをノンストップで披露していく。KAYO-CHAAANが鳴らすシンセベースが独特の高揚感を生み出し、オーディエンスの頭上では時折ミラーボールがきらめいた。ラテンのビートを下敷きにしたサマーアンセム「WINGSCAPE」の曲中には、フロアで息の合ったクラップが発生。コロナ禍のため今年も観客の声出しが制限されている状況ではあるが、会場は充足感と一体感で満たされていった。

アンコールでは5周年ライブの模様を収めたDVDやグッズについてPRしたあと、軽快なリズムの新曲でライブが再開する。歌が終わると、脇田はこの新曲に「もなりの8ビート」というタイトルが付けられていること、作詞を自ら担当したことを明かした。そして「アルバムをがんばって制作しております」とニューアルバムを鋭意制作中であることも語り、ファンの期待を高めた脇田は「歌い始めて10年になるので、次は20年目を目指してがんばっていきます」という意気込みの言葉を経て「ONDO」をラストナンバーとして披露。ウェットな歌声で観客の心を浄化し、最後は感極まって涙をこらえながらステージをあとにした。

脇田もなり「MONARI WAKITA 6th Anniversary Live - SEXENNIAL CELEBRATION! -」2022年9月23日 青山 月見ル君想フ セットリスト

01. 遊星からのアイラビュー oh! oh!
02. Cloudless Night
03. LED
04. IRONY
05. 愛のデカダンス
06. FRIEND IN NEED
07. エスパドリーユでつかまえて
08. PLACE
09. LOVE TIMELINE
10. La Shangri La
11. I'm with you
12. Boy Friend
13. Callin' You
14. IN THE CITY
15. WINGSCAPE
<アンコール>
16. もなりの8ビート
17. ONDO

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL