1990年代のポップユニットles 5-4-3-2-1、24年の時を超えアナログ発売

1990年代のポップユニットles 5-4-3-2-1、24年の時を超えアナログ発売

les 5-4-3-2-1「ジャズる心 / 男の子女の子​」ジャケット

1990年代に活躍したポップユニット・les 5-4-3-2-1の1stミニアルバム「un」から、フランス・ギャルのカバー「ジャズる心」とオリジナル曲「男の子女の子」が24年の時を超えてシングル化。アナログ7inchシングルとなって10月25日にリリースされることが決定した。

les 5-4-3-2-1はネオGSバンドとしてカルト的人気を博したファントム・ギフトのベーシスト、サリー久保田が女性ボーカリストHITOMIと共に結成したユニット。ジャズ、ソウル、フレンチポップ、歌謡曲などさまざまな音楽スタイルをポップに消化したサウンドは、1990年代前半の“渋谷系”全盛期に高い評価を集めた。

シングルA面の「ジャズる心」はフランス・ギャル「Le coeur qui jazze」を英語と日本語でカバーした楽曲で、グルーヴィなトラックに歪んだギターが乗ったモッドジャズ風味。B面の「男の子女の子」はサリー久保田のオリジナルで、HITOMIのコケティッシュなボーカルがキュートな“歌謡フレンチポップ”に仕上がっている。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL