cinema staff、憧れの9mmと熱演繰り広げた「バトル・オブ・クアトロ」6月公演完走

cinema staff、憧れの9mmと熱演繰り広げた「バトル・オブ・クアトロ」6月公演完走

cinema staff「デビュー10周年記念ライブシリーズ two strike to(2) night~バトル・オブ・クアトロ~」6月編の東京・渋谷CLUB QUATTRO公演の様子。(撮影:石崎祥子)

cinema staffが6月12日に東京・渋谷CLUB QUATTROにてライブツアー「デビュー10周年ライブシリーズ two strike to(2) night~バトル・オブ・クアトロ~」6月編の最終公演を行った。

今年CDデビュー10周年を迎えるcinema staffが、6月から9月まで月に1回ずつ東名阪のCLUB QUATTROを回る「デビュー10周年ライブシリーズ two strike to(2) night~バトル・オブ・クアトロ~」。6月公演には9mm Parabellum Bulletがゲストとして登場し、6月5日に大阪、翌6日に愛知公演が行われた。

会場に詰めかけた大勢のファンで満員となった東京公演で、先攻を務めたのは9mm Parabellum Bullet。耳をつんざく轟音と共に「Black Market Blues」でライブをスタートさせた4人は、その勢いのまま「Cold Edge」を披露し、「新しい光」では観客によるシンガロングが会場に響きわたった。菅原卓郎(Vo, Gt)が「俺たちのワンマンライブじゃないよね?」と驚きながら序盤からヒートアップする観客に語りかけたあとには、新曲「キャリーオン」をプレイ。さらに彼らは「反逆のマーチ」「生命のワルツ」を演奏してフロアのボルテージを上昇させた。

MCでcinema staffを「俺たちにとって弟みたいなバンド」と語り、彼らとの出会いや思い出話を話した9mm Parabellum Bulletは、「ガラスの街のアリス」「Discommunication」「ハートに火をつけて」「太陽が欲しいだけ」を間髪入れずにプレイしていく。最後に4人はcinema staffの「HYPER CHANT」を観客と合唱してから、「Talking Machine」を熱演。会場を熱気で包み込んでcinema staffにバトンを渡した。

大阪公演で久野洋平(Dr)、名古屋公演で飯田瑞規(Vo, G)がセレクトしたセットリストを披露したcinema staffはこの日、三島想平(B)が選曲したナンバーを中心にステージを展開。「deadman」を1曲目に届けた4人は、すっかりライブアンセムとして浸透した今年1月発表のFC岐阜のオフィシャルサポートソング「HYPER CHANT」や、辻友貴(G)によるギターリフが印象的な「tokyo surf」でフロアを揺らし、次々とキラーチューンを投下していった。

MCでは飯田が「僕たちcinema staffはインディーズデビューから数えて10周年ということで、9mmとは10年来の仲で一緒にライブができて本当によかったです。最後まで全力でやりますのでよろしく!」と挨拶。その後バンドは「dawnrider」「sea said」といった楽曲のほか、昨日6月13日リリースのアルカラとのスプリットCD「undivided E.P.」よりリード曲「first song(at the terminal)」を演奏して会場を盛り上げる。そして8月から10月にかけてアルカラとのスプリットツアー「Split EP『undivided E.P. 』RELEASE TOUR ~A.S.O.B.i~」を開催することを発表してファンを歓喜させた。

アルペジオが印象的な「borka」や、「時計台」「棺とカーテン」を経てライブは終盤戦へ。飯田は「9mmのライブを初めて観たのは名古屋で、とんでもないバンドがいると聞いて観に行って本当に衝撃を受けて、なんてカッコいいバンドなんだって。それから今日までかわいがってもらって、本当に兄貴みたいに思っていて、憧れでもあり、信頼しているバンドです」と9mm Parabellum Bulletとの思い出を語ったあと、「こうやって本当にツーマンできて最高です。9mmに敬意を表して捧げます。付いてきてくれますか?」とフロアに呼びかける。その言葉から9mm Parabellum Bulletの「Termination」をカバーしてオーディエンスを魅了した4人は、続けて「pulse」「白い砂漠のマーチ」を披露してライブ本編を終えた。

cinema staffは鳴り止まないアンコールに応え、再びステージに登場。久野は「cinema staffのフラッグを背負って東名阪回れたの本当にうれしいです。今回は『バトル・オブ・クアトロ』ということで、対等にやらなきゃいけないと思ったし、それができたと思ってます」と今回の東名阪ツアーへの手応えを語った。その後、辻がセレクトしたナンバー「青写真」を届けた4人は、9mm Parabellum Bulletのサポートメンバーである武田将幸(G / HERE)を迎えて「Talking Machine」を演奏。飯田は曲中に飛び入り参加した菅原とのツインボーカルを披露し、熱い夜を締めくくった。

なお「デビュー10周年ライブシリーズ two strike to(2) night~バトル・オブ・クアトロ~」の7月公演にはGOOD ON THE REEL、8月公演にはSaucy Dog、9月公演には夜の本気ダンスが登場することが決定している。

cinema staff「デビュー10周年記念ライブシリーズ two strike to(2) night~バトル・オブ・クアトロ~」
2018年6月12日 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

9mm Parabellum Bullet

01. Black Market Blues
02. Cold Edge
03. 新しい光
04. キャリーオン
05. 反逆のマーチ
06. 生命のワルツ
07. ガラスの街のアリス
08. Discommunication
09. ハートに火をつけて
10. 太陽が欲しいだけ
11. Talking Machine

cinema staff

01. deadman
02. HYPER CHANT
03. tokyo surf
04. dawnrider
05. sea said
06. first song(at the terminal)
07. borka
08. 時計台
09. 棺とカーテン
10. termination(オリジナル:9mm Parabellum Bullet)
11. pulse
12. 白い砂漠のマーチ
<アンコール>
13. 青写真
14. Talking Machine(オリジナル:9mm Parabellum Bullet)

cinema staff「デビュー10周年ライブシリーズ two strike to(2) night~バトル・オブ・クアトロ~」(※終了分は割愛)

2018年7月9日(月)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
<出演者>
cinema staff / GOOD ON THE REEL

2018年7月10日(火)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
<出演者>
cinema staff / GOOD ON THE REEL

2018年7月12日(木)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
<出演者>
cinema staff / GOOD ON THE REEL

2018年8月13日(月)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
<出演者>
cinema staff / Saucy Dog

2018年8月14日(火)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
<出演者>
cinema staff / Saucy Dog

2018年8月16日(木)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
<出演者>
cinema staff / Saucy Dog

2018年9月11日(火)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
<出演者>
cinema staff / 夜の本気ダンス

2018年9月13日(木)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
<出演者>
cinema staff / 夜の本気ダンス

2018年9月14日(金)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
<出演者>
cinema staff / 夜の本気ダンス

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL