yonige×tricot、カバーし合った相思相愛ツアー「もうすぐゴールインするかも」

yonige×tricot、カバーし合った相思相愛ツアー「もうすぐゴールインするかも」

「ツアーの名は。」東京・LIQUIDROOM公演の終演後の様子。(Photo by Yoshitake kaochi)

yonigeとtricotが10月29日に東京・LIQUIDROOMでツーマンツアー「ツアーの名は。」の最終公演を行った。

このツアーは10月23日の愛知・名古屋CLUB QUATTRO、24日の大阪・梅田CLUB QUATTRO、29日の東京・LIQUIDROOMの全3公演実施され、最終公演のチケットはソールドアウト。2組はそれぞれの個性を発揮したパフォーマンスで観客を魅了した。

言葉を発さずにステージに現れた先攻のyonigeは、牛丸ありさ(Vo, G)によるアコースティックギターの柔らかな音色が特徴的な「しがないふたり」で静かにライブの幕を開けた。オープニングナンバーで穏やかな空気を漂わせた彼女たちは、「往生際」「最終回」を続け、徐々に演奏のテンポや音量を上げて観客の体を揺らしていく。中盤にはごっきん(B, Cho)が刻むリズミカルなビートに牛丸のハスキーな歌声が重なる「顔で虫が死ぬ」、気だるげな雰囲気の「2月の水槽」と最新アルバム「HOUSE」の収録曲が立て続けに披露されたほか、1stミニアルバム「Coming Spring」に収録されている「バッドエンド週末」や「サイケデリックイエスタデイ」が届けられる。「Coming Spring」収録曲の演奏時は「HOUSE」収録曲のパフォーマンスとは対照的に、牛丸の透明感あふれる高音域の歌声が観客を魅了していた。

この日ひときわフロアを沸かせたのは、tricotの人気曲「POOL」のカバー。緻密な変拍子がキモであるこの曲を、yonigeのメンバーは少し苦戦した様子を見せながらも楽しげに演奏した。演奏を終えたごっきんは「むず、めっちゃしんど」とひと言。牛丸も「さっきまで練習してたな」と同調していた。なお今回のカバーは、過去に2組が対バンした際に、tricotがyonigeの「センチメンタルシスター」をカバーしていたことがきっかけになったとのこと。ごっきんが「tricotのことホントにめっちゃ好きで、どれくらい好きかというと、抱きついたところから吸収したいくらい好き」とうれしそうな表情で話したあと、yonigeはラストにアップテンポな「リボルバー」を生き生きと奏で、会場を温めてtricotへとバトンをつないだ。

続いてtricotは登場した途端にアグレッシブなナンバーを連投。キダモティフォ(G, Cho)とヒロミ・ヒロヒロ(B, Cho)が激しく髪を振り乱しながら演奏した「POOL」などで、観客のテンションを一気に引き上げた。その後「アナメイン」「エコー」など浮遊感あふれるサウンドが魅力の楽曲を届け、場内を幻想的な雰囲気に染めていく。さらに中嶋イッキュウ(Vo, G)がギターをマイクに持ち替え、艶のある声で「なか」を歌唱するなど、人気曲を散りばめたセットリストでオーディエンスを楽しませた。

中嶋はMCで、「このツアーが始まる前までが楽しみすぎて、いざ始まったら(yonigeと)倦怠期かなって思ったんですけど、さっきの『POOL』の演奏を見たら惚れ直しちゃって。もうすぐゴールインするかもしれないです」「自分たちの曲をカバーしてもらえることが少ないので、すごいうれしかった」と笑顔を見せた。そして「私たちも何かお返しがしたい」と話し、yonigeの「2月の水槽」のカバーをパフォーマンス。変拍子を取り入れたtricotならではのアレンジに、中嶋、キダ、ヒロミの美しいコーラスが重ねられた。

アンコールでは、今後またtricotとyonigeのツーマンツアーが実現した場合の出演順を決めるために、じゃんけんが行われることに。中嶋とyonigeのサポートギタリスト・土器大洋(LILI LIMIT)が対決し、勝者は中嶋。彼女はかつてtricotが「センチメンタルシスター」をカバーした場所である奈良・生駒RHEBGATEでツアーの初日公演を行い、その際はtricotが後攻を務めることを宣言した。そして最後に、tricotは「Break」をパフォーマンス。私服に着替えたyonigeのメンバーはステージで体を揺らしながらtricotの演奏を楽しんでいる様子で、さらに中嶋、キダ、ヒロミがyonigeの2人に駆け寄って演奏するなど、和やかなムードの中でツアーの幕は下ろされた。

「ツアーの名は。」
2019年10月29日 LIQUIDROOMセットリスト

yonige

01. しがないふたり
02. 往生際
03. 最終回
04. 顔で虫が死ぬ
05. 2月の水槽
06. バッドエンド週末
07. サイケデリックイエスタデイ
08. POOL(tricotカバー)
09. みたいなこと
10. リボルバー

tricot

01. Noradrenaline
02. POOL
03. アナメイン
04. エコー
05. なか
06. よそいき
07. 2月の水槽(yonigeカバー)
08. ブームに乗って
09. 大発明
10. あふれる
11. potage
<アンコール>
12. Break

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL