実写とアニメが融合したTHE RAMPAGE「CALL OF JUSTICE」MV公開

実写とアニメが融合したTHE RAMPAGE「CALL OF JUSTICE」MV公開

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「CALL OF JUSTICE」配信ジャケット

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの新曲「CALL OF JUSTICE」のミュージックビデオが「BATTLE OF TOKYO」のYouTube公式チャンネルで公開された。

「CALL OF JUSTICE」は6月23日にリリースされるJr.EXILEのコンピレーションアルバム「BATTLE OF TOKYO TIME 4 Jr.EXILE」の収録曲で、4月より先行配信されている新曲。「BATTLE OF TOKYO」に登場する組織・ROWDY SHOGUNのテーマソングとなっており、ミクスチャーロックをベースにしたトラックに乗せ、「正義の名の元に悪党から罪なき人々を護り、自らの信念を貫き通す」という組織の哲学を込めたリリックが歌われている。

MVは用心棒であるROWDY SYOGUNが次々と窃盗団を倒していく迫力あるアニメーションシーンと、THE RAMPAGEメンバーの力強いパフォーマンスを見せる実写シーンで構成されている。アニメーション部分を「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」などを手がけた東弘明が、実写シーンを「HiGH&LOW」シリーズも担当する久保茂昭が監督した。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL