桜井和寿、アイナ・ジ・エンド、GLAYらが音楽で“循環”作った「日比谷音楽祭2021」

桜井和寿、アイナ・ジ・エンド、GLAYらが音楽で“循環”作った「日比谷音楽祭2021」

桜井和寿

5月29、30日に東京・日比谷公園エリアにて無観客イベント「日比谷音楽祭2021」が開催された。

「日比谷音楽祭」は2019年に初開催された、音楽の新しい循環をみんなで作るフリーでボーダーレスな音楽祭だ。新型コロナウイルス感染拡大の影響による昨年の開催中止を経て、今年は無観客で開催され、さまざまなアーティストが計160曲を超える楽曲を披露。その模様が「U-NEXT」で配信された。

イベントは実行委員長・亀田誠治の「日比谷音楽祭は無料開催ということで、さまざまなアーティストと出会い、その中で新しいジャンルの音楽を取り込んで、気に入ったらそのアーティストを応援してもらえればと思います。そして、日比谷音楽祭をきっかけにお金の循環を作ってもらいたいと思っています」という言葉から開幕。Little Glee Monsterは「この気持ちのいい最高のステージに立つことができてうれしい」と喜びを言葉にした。いきものがかりは、「日比谷音楽祭」をきっかけに亀田と共作した新曲「今日から、ここから」をライブ初披露し、「ここからスタートして、長く歌い継がれる曲になるといい」と思いを語った。

2日目に登場したアイナ・ジ・エンド(BiSH)は、亀田とともに制作した初のソロアルバムについて話し、ステージに立つうれしさをにじませながら「金木犀」を歌唱。GLAYは「なかなか音楽活動がままならない状況が続いているが、たくさんの人に笑顔を届けたい」と意気込み、「誘惑」をパフォーマンスした。

桜井和寿(Mr.Children)は、一昨年の「日比谷音楽祭」に出演したGAKU-MCから話を聞き、このイベントへの出演を直訴したことを明かす。彼はコロナ禍での音楽活動について「多くのミュージシャンは曲を制作したり、練習したりしているが、なかなか発表する機会がなく苦労している」「大変なことやつらいことがたくさんあると思うが、これもきっと何かいい意味があるんじゃないかという発想を持って続けていければいい」と語り、最後に「Sign」を歌唱した。

イベントのラストに亀田は「きっと生の音楽を聴きたいと思っている方も多くいるはずですが、みんなが屈託なく楽しめる日が来るまでもう少し我慢が必要です。今年の日比谷音楽祭の開催を通じて、きっと未来に希望がつながっていくことを信じています」と視聴者に語りかけ、2日間の公演を締めくくった。

※記事初出時、キャプションの一部に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL