J-WAVEの時報が10年ぶりリニューアル、Shingo Suzukiとmabanua制作のサウンドが正時を告げる

J-WAVEの時報が10年ぶりリニューアル、Shingo Suzukiとmabanua制作のサウンドが正時を告げる

左からShingo Suzuki、mabanua。

OvallのShingo Suzuki、mabanuaが制作した時報サウンド「TICK TACK J-WAVE」が、明日6月1日(火)からJ-WAVEでオンエアされる。

「TICK TACK J-WAVE」はJ-WAVEで平日の10:00、15:00、18:00に流れる時報。このたびこの時報が約10年ぶりにリニューアルされ、10:00と15:00にはShingo Suzukiが手がけたサウンドが、18:00にはmabanuaが手がけたサウンドがオンエアされる。

Shingo Suzuki コメント

J-WAVEの聞き慣れたいつもの時報、ラジオから流れくるひと時。
多くの人が様々なシチュエーションで過ごしている姿を想像しながら、新しい時報を作りました。そこには僕自身の姿も。
新たな風がJ-WAVEとリスナーに届けられたら嬉しいです。

mabanua コメント

今回10年振りに時報が生まれ変わるということで、非常に光栄です。
帰宅時間に感じるあのホッとした気持ちと、これから夜に向けてのワクワク感、リスナー皆さんの素敵な夕暮れ時の後押しになるような、そんな音を目指しました。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL