L'Arc-en-Ciel、30周年幕開けライブでファンに感謝「ツンデレなバンドに付いてきてくれてありがとう」

L'Arc-en-Ciel、30周年幕開けライブでファンに感謝「ツンデレなバンドに付いてきてくれてありがとう」

「30th L'Anniversary Starting Live "L'APPY BIRTHDAY!"」5月29日公演の様子。

L'Arc-en-Cielが5月29日と30日に、千葉・幕張メッセ国際展示場1~3ホールにてワンマンライブ「30th L'Anniversary Starting Live "L'APPY BIRTHDAY!"」を開催した。

L'Arc-en-Cielは1991年5月30日に大阪・難波ROCKETSにて初ライブを開催。今回のライブは結成30周年のアニバーサリーイヤーの幕開けを飾る公演として行われた。この記事では5月30日公演の模様をレポートする。

ライブのオープニングではL'Arc-en-Cielの30年にわたるライブの軌跡を振り返るように、過去のさまざまな公演の映像が流れる。そしてステージ後方の大型スクリーンに「X X X」の文字が大きく映し出され、1曲目「X X X」が始まった。広大な会場内にレーザー光線が揺らめく中、hyde(Vo)の妖艶なボーカルが響き渡りオーディエンスを酔わせる。ステージ上方の「30th L'Anniversary Starting Live "L'APPY BIRTHDAY!"」のロゴをライトがまぶしく照らし出したあと、hydeの「会いたかったよ、幕張!」という言葉から「Caress of Venus」へ。yukihiro(Dr)が刻む軽快なビートに乗せ、観客はジャンプを繰り返していた。

hydeが客席に「『L'APPY BIRTHDAY』にようこそいらっしゃいました。会いたかった? 俺も会いたかったです」と呼びかけると、新型コロナウイルス感染拡大防止のために声援を送れないオーディエンスはライブグッズのバットマラカスライトを振り、拍手を送ってその言葉に応える。「今日はみんなの声が聞けないのが残念だけど、その音をいっぱい鳴らしていこうぜ!」という言葉から「CHASE」へと突入した。スクリーンにはタイトル通り、ドローンカメラがメンバーを追跡する映像が映り、臨場感を掻き立てる。続く「winter fall」ではバットマラカスライトが青や水色に輝き、涼やかなサウンドを彩った。

hydeのブルースハープのソロから始まった「flower」は、ken(G)のワウペダルを用いたギターアレンジが楽曲に新たな彩りを加える。「三十路ということで、大人っぽいL'Arc-en-Cielを見せようかと」というhydeの言葉のあとは「metropolis」「DAYBREAK'S BELL」が連投され、会場の空気を染め変えた。「REVELATION」では会場後方に高く飛び上がったドローンカメラが客席全体を映し出し、その熱気を伝える。kenとtetsuya(B)が奏でる深みのある音色が印象的な「NEO UNIVERSE」では、hydeが風に髪をなびかせながら心地よい歌声を響かせた。

柔らかなアンサンブルから一転し、ノイズ混じりの映像から「get out from the shell」へつながると、ドローンカメラを手にしたhydeがゆっくりと回転しメンバーたちのパフォーマンスを映し出す。hydeの手からドローンが飛び立つと同時に演奏の熱量も急上昇し、オーディエンスを再び熱狂に導いた。ステージ上に炎が上がる中で「花葬」「EVERLASTING」が披露されたあとは、kenの幻想的なギターソロから「MY HEART DRAWS A DREAM」へと続いた。

感動的なひとときを経てライブはいよいよ終盤へ。「Driver's High」ではkenの煽りに応えてオーディエンスがバットマラカスライトを光らせる。通常のライブでは会場中の大合唱が響く大サビではhydeが「幕張、俺に任せろ!」と叫び、オーディエンスに代わって力強い歌声を届けた。ラストは「HONEY」「READY STEADY GO」と華々しいロックチューンを連投し、本編を締めくくった。

アンコールの最初には「あなた」の温かなピアノのイントロが奏でられる。オーディエンスの思いを表すかのように、場内には過去のライブでのファンの合唱映像が流れた。巨大なミラーボールに照らされた4人がそれぞれの音を丁寧に奏でたあと、hydeは「次は30周年に合わせて作った曲をやります」と紹介。「みんなで歌うことを想像しながら作った曲です。みんなの光が重なり合って、虹を呼んで未来を作るわけですよ」という言葉に続き、5月31日リリースの4年半ぶりの新曲「ミライ」が披露された。hydeの求めに応え、オーディエンスはバットマラカスライトやスマートフォンのライトを光らせ、4人にそれぞれの思いを届けた。

2021年の最新曲をパフォーマンスしたあとは、インディーズ時代の楽曲「Dune」を披露し30年のキャリアを改めて印象付ける。曲中にはhydeとtetsuyaが息を合わせて華麗なターンを繰り広げ、観客を沸かせた。「GOOD LUCK MY WAY」を経て、hydeはメンバーを代表して「30周年、どうなることかと思いましたけどなんとかライブができました」とこの日を迎えた思いを明かす。そして「30年前の今日、大阪のROCKETSという素敵なライブハウスで初ライブをやりました。そこでやるのは憧れでもありました」と当時の心境を振り返り「みんなが盛り上がってくれるから俺たちが盛り上がる、それがライブです。長い間、僕たちを思ってくれて本当にうれしい。いつライブをやるかもわからないようなツンデレなバンドに付いてきてくれてありがとう(笑)。歳を取ってもこれからも尖っていこう、いい作品を作って届けていこうと思います」と熱く語った。

最後を飾った楽曲は「虹」。ファンへの思いを届けるかのように、7色のライトがステージ上から客席を照らした。曲のアウトロではいたずらっぽく目を合わせた4人が、初ライブから30年の“誕生日”を祝して「Happy birthday to you」を演奏し、オーディエンスを感動に導いた。ステージの去り際には、結成当初からのメンバーであるhydeとtetsuyaがハイタッチ。最後に残ったtetsuyaは「ありがとう! またね!」と笑顔でファンに感謝を述べた。

このライブの模様は8月22日に配信されることが決定。配信の詳細は後日アナウンスされる。また本日5月31日からは、ライブ中に初披露された新曲「ミライ」の配信もスタートしている。

L'Arc-en-Ciel「30th L'Anniversary Starting Live "L'APPY BIRTHDAY!"」2021年5月30日 幕張メッセ国際展示場1~3ホール セットリスト

01. X X X
02. Caress of Venus
03. CHASE
04. winter fall
05. flower
06. metropolis
07. DAYBREAK'S BELL
08. REVELATION
09. NEO UNIVERSE
10. get out from the shell
11. 花葬
12. EVERLASTING
13. MY HEART DRAWS A DREAM
14. Driver's High
15. HONEY
16. READY STEADY GO
<アンコール>
17. あなた
18. ミライ
19. Dune
20. GOOD LUCK MY WAY
21. 虹

撮影:岡田貴之 / 石川浩章 / 河本悠貴

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL