すりぃがエヴァから影響を受けた新曲「ヘビリンゴ」リリース、歌うのは女性ボーカリスト・ねね

すりぃがエヴァから影響を受けた新曲「ヘビリンゴ」リリース、歌うのは女性ボーカリスト・ねね

ボカロP・すりぃの新曲「ヘビリンゴ」が本日6月30日に配信リリースされた。

「ヘビリンゴ」は、すりぃが4月にリリースした「あんずの花」と同じく女性ボーカリスト・ねねを迎えて制作したナンバー。この曲について、すりぃは「現実逃避のために心の壁をはり他人との関わりを遮断する、この曲はそんな『他人との距離感』をテーマにしております。気付いた方もいらっしゃると思いますがエヴァンゲリヲンから影響を受けた曲です。僕なりの人類補補完計画をしようと思ったことがきっかけで完全に厨二病です」とコメントしている。

すりぃ コメント

ヘビリンゴ
他者との関わりから自分の足りない部分や、 人間関係などの問題が生まれる。
知識や繋がりが増える事で今までできた事が怖くなり逆にできなくなる弊害。
現実逃避のために心の壁をはり他人との関わりを遮断する、この曲はそんな「他人との距離感」をテーマにしております。
気付いた方もいらっしゃると思いますがエヴァンゲリヲンから影響を受けた曲です。
僕なりの人類補補完計画をしようと思ったことがきっかけで完全に厨二病です。
前回「あんずの花」という曲をリリースした時に歌ってもらったボーカリストの「ねね」と今回も一緒に作品を作ることになりましたが、 前回の曲よりパワフルで歌声に生命力がある表現になっているかと思いますのでそこもあわせて聴いて頂ければ嬉しいなと思います。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL