みゆはん、新曲は1人の女性をモデルに制作「限界が来る前に手を差し伸べて欲しい」

みゆはん、新曲は1人の女性をモデルに制作「限界が来る前に手を差し伸べて欲しい」

みゆはん「鳴り止まない着信音の中で」配信ジャケット

みゆはんの新曲「鳴り止まない着信音の中で」が本日7月30日に配信リリースされた。

「鳴り止まない着信音の中で」はテレビ朝日系で放送中の音楽番組「musicるTV」8月度のエンディングテーマ。みゆはんがとある女性をモデルにして制作した楽曲で、「『メンヘラ』と一言で片付けてしまうことは楽ですが、メンヘラと呼ばれる人達も一人の人間…」「ただ自分で自分のことを愛せないから誰かに愛されたいだけなんです。限界が来る前に手を差し伸べて欲しい…そんな不器用でもどかしい気持ちが伝わるといいなと思ってこの曲を書きました」と説明している。ジャケットアートワークにはマンガ家・丸紅茜のイラストが使用されている。

また本日18:00にはYouTubeにて「鳴り止まない着信音の中で」のミュージックビデオも公開。このMVは映像作家のRabbit MACHINEが監督を担当し、楽曲の内容に合わせて孤独や儚さが表現されている。

みゆはん コメント

「鳴り止まない着信音の中で」は、とある女の子がモデルになった曲です。 「メンヘラ」と一言で片付けてしまうことは楽ですが、メンヘラと呼ばれる人達も一人の人間…
ただ自分で自分のことを愛せないから誰かに愛されたいだけなんです。限界が来る前に手を差し伸べて欲しい…そんな不器用でもどかしい気持ちが伝わるといいなと思ってこの曲を書きました。 だからってメンヘラに対する接し方を変えろとか私はそういうことを言いたいわけじゃなくて、ただこんな人もいるんだよっていうのを知って欲しかっただけなんです。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL