Snow Man佐久間大介、すずこ姉さんの演技に涙「頭が上がらないです」

Snow Man佐久間大介、すずこ姉さんの演技に涙「頭が上がらないです」

左から佐倉綾音、三森すずこ、佐久間大介(Snow Man)、杉田智和。

本日7月30日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで映画「白蛇:縁起」日本語吹替版の初日舞台挨拶が行われ、主演の三森すずこ、佐久間大介(Snow Man)が出席した。

「白蛇:縁起」は中国のアニメ制作会社・追光動画とワーナー・ブラザースによるフルCGアニメ作品。中国の四大民間説話「白蛇伝」の前世の話として、人と妖怪の境遇を乗り越える真実の愛が描かれる。三森は少女の姿に変化した白蛇の妖怪・白(ハク)、佐久間は蛇取りの猟師である青年・宣(セン)の声優を担当。日本語吹替版の主題歌にはSnow Man「縁 -YUÁN-」が使用されている。

三森と佐久間は本作で声優を務める杉田智和、佐倉綾音とともに舞台挨拶に登場。キラキラと輝くジャケットを羽織った佐久間は「気合いを入れてギラギラの一張羅を着てきました!」と張り切り、劇場に集まった観客やライブビューイングを見守る視聴者に向けて「より多くの人に観てもらえるのはうれしいですね」としみじみ語った。また舞台挨拶前には登壇者同士で談笑していたようで「裏で好きなアニメについてめちゃめちゃ話し込んじゃいましたね」と笑顔いっぱいに明かした。

挨拶を終えた登壇者たちはTwitterに寄せられた質問に答えていく。「アフレコ中に泣いてしまったとのことですが、どこで泣いてしまったんですか?」と聞かれた佐久間は「すずこ姉さんの迫真の演技に泣いてしまいましたね。だいぶ演技で助けてもらったので、すずこ姉さんには頭が上がらないです」と恐縮した様子を見せる。一方、「佐久間さんに助けられたことは?」という質問には三森が「人柄がパーフェクトなんですよ」と絶賛。その理由について「人の目をしっかり見て話すし、どんな質問にもすごく丁寧に答えていて、私もこんな人間にならなきゃいけないなと思いました。密かにライバル視しています」と明かした。すると共演者たちが佐久間を次々と褒める流れに。杉田も「メディアに出てるときより普段のほうが輪をかけて優しいですよ。佐久間くんはいいところしかないので」と言い切り、佐倉は初めて佐久間の声を聞いたときの印象について「『バチクソうまい人、誰?』と思ったら佐久間さんで。『おはようございます!』の声圧が声優のそれなんですよ。いつでも声優業界にいらしてください」と褒めちぎった。

また自身が演じたキャラクターの好きな点について、佐久間は「宣の何があっても好きなものは好きと言い切れる心の強さがいいなと。昔はジャニーズでアニメ好きというのがなかなか理解されなくて。好きなものを好きといえる人は素敵だなと思いますね」と述べ、三森は「白は美しいけどカッコいい女性だなと思いますね。1本筋が通ったところが素敵だなと思います」と口にした。

舞台挨拶が終わりに差し掛かった頃、佐久間は「あと2、3時間はやりたいですね。舞台挨拶好きなんですよね、僕」とにっこり。客席を隈なく見渡しながら手を振り続け、「この作品に出会えたことに感謝したいと思います。この作品を観ていろんな気持ちになると思います。それを楽しんでもらいたいですね。全国の皆さんにこの作品を広めたいです」と言葉に熱を込める。三森は「縁というものが物語の中でも重要なポイントになっていくと思うんですけど、映画をご覧になる方や、キャストの皆さんが1つの縁で結ばれてるんじゃないかなと思えるくらい、私の周りにいる人を大事にしようと思える作品です」と映画をアピールした。舞台挨拶の最後には記者向けにフォトセッションが行われ、カメラマンに向けて佐久間が「かわいいですか?」「ビューティフルですか?」「素敵ですか?」と投げかけ、場を盛り上げていた。

(c)LIGHTCHASER ANIMATION STUDIOS

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL