八木海莉が初のミュージックビデオ公開、自身考案でロケ地は横浜中華街

八木海莉が初のミュージックビデオ公開、自身考案でロケ地は横浜中華街

八木海莉「お茶でも飲んで」ミュージックビデオのサムネイル。

八木海莉にとって初のオリジナル曲「お茶でも飲んで」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

八木は広島県出身の新人シンガー。テレビアニメ「Vivy -Fluorite Eye's Song-」にて主人公ヴィヴィの歌唱を担当し、その歌声が話題を呼んだ。

「お茶でも飲んで」は先日の配信ライブで初披露された楽曲。作詞作曲を八木本人が担当し、アレンジは15歳のボカロP・皆川溺が手がけ、ギター演奏でひぐちけいが参加している。八木にとって初のMVは本人がコンセプトやロケ地を考案した気合の入った作品で、横浜中華街で撮影が行われた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL