キタニタツヤが「BLEACH」原画展のテーマソング書き下ろし

キタニタツヤが「BLEACH」原画展のテーマソング書き下ろし

「BLEACH EX.」キービジュアル

キタニタツヤが、「週刊少年ジャンプ」での連載開始20周年を迎えたマンガ「BLEACH」の原画展「BLEACH EX.」のテーマソングを手がけていることが発表された。

原画展「BLEACH EX.」は東京・渋谷ヒカリエ ヒカリエホールで12月18日から2022年1月16日まで行われるもの。YouTubeでは8月に原画展の公式プロモーションビデオが公開されていたが、このPVで使用されているインスト楽曲がキタニによる書き下ろしテーマソング「Rapport」であることがこのたび明らかになった。また新たに公開されたPV第2弾では、キタニの歌声が入った「Rapport」の音源が使用されている。

「BLEACH」の大ファンであるキタニは、人気作品の節目に際して「この偉大な作品の20周年という通過点、過去を振り返り未来を見据える場を、一緒に楽しみましょう!」とコメントしている。

キタニタツヤ コメント

見えないが感ぜられるもの。人と触れ合う際、その間に生まれるもの。世界に一人しかいなければ決して生じ得ないもの。自分にとってのBLEACHは、「心」とも呼べるそれを、ごく丁寧に長い時間をかけて描いてきた作品だと思う。自分はそれを「Rapport(ラポール)」という言葉で捉え直した。信頼関係、人と人とを繋ぐ橋のようなものを指す言葉。孤絶した人間の前に現れた、大切な他者についての音楽ができた。この偉大な作品の20周年という通過点、過去を振り返り未来を見据える場を、一緒に楽しみましょう!

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL