森山直太朗デビュー20周年アルバム「素晴らしい世界」発表、テーマは光と影

森山直太朗デビュー20周年アルバム「素晴らしい世界」発表、テーマは光と影

森山直太朗

森山直太朗のデビュー20周年を記念したオリジナルアルバム「素晴らしい世界」が3月16日にリリースされる。

2002年10月にミニアルバム「乾いた唄は魚の餌にちょうどいい」でデビューし、精力的な音楽活動を続けてきた森山。コロナ禍ではライブの延期や中止を余儀なくされ、昨年には自身も新型コロナウイルスに罹患した。そんな経験を経て発表される今作のテーマは「光と影」。リード曲「素晴らしい世界」「愛してるって言ってみな」には、彼が病を経て改めて感じた命あることの喜びや感謝などが詰め込まれている。そのほか今作には新曲や直近2年間で発表されたドラマや映画のタイアップ曲、代表曲「さくら」の再録バージョン、提供曲「花」のセルフカバーなど全12曲が収録される。

アルバムはCDのみの通常盤、詩集付きの初回限定盤、詩集とDVD付きのファンクラブ限定盤という3形態。初回限定盤とファンクラブ限定盤のCDにはボーナストラックとして未CD化音源、詩集には森山がこれまで発表してきた全205曲から100曲の詩が収められる。DVDには2020年のファンクラブツアーより生配信で行われたファイナル公演を完全収録。通常盤の初回プレス分および初回限定盤は、環境に配慮した紙ジャケット仕様となる。アルバムの情報と併せて、森山の新たなアーティスト写真と、20周年記念特設サイトがオープンした。

森山直太朗 コメント(20周年記念特設サイトから抜粋)

二〇二二年、デビューしてから二〇周年を迎えます。
唄をする者として、皆様の前に立ち、悩みながらもひたすら唄うことを積み重ねてきました。
この二〇年、そのときどきにおいて、たくさんの方が自分を受け入れ、支え、励ましてくれたから、ここまで歩いてこられたと改めて感じています。
まず、そのことを心から感謝したいです。
本当にありがとうございます。
(中略)
「素晴らしい世界」は、自分の中に内包されている。闇があってこそ、その均衡が取れている、そう気づいたのです。
そのことをひとつの曲にし、アルバムを作りました。この二年で制作した楽曲を収録していますが森山直太朗の二〇年が、人生が詰まっていると言っても過言ではないものに仕上がっています。
今年から来年にかけ、全身全霊で唄をお届けする所存です。

森山直太朗「素晴らしい世界」収録内容

CD

・素晴らしい世界
・愛してるって言ってみな
・さくら(二〇一九)
・すぐそこにNEW DAYS
・花(二〇二一)
・カク云ウボクモ
・落日
・最悪な春
全12曲収録予定

DVD

・森山直太朗ファンクラブツアー2020「十度目の正直」ツアーファイナル配信公演

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL