GLAYがテレ東報道番組「WBS」にエンディングテーマ提供、祈りを込めたバラードソング

GLAYがテレ東報道番組「WBS」にエンディングテーマ提供、祈りを込めたバラードソング

GLAYがテレビ東京系で月曜から金曜にかけて放送されている経済報道番組「ワールドビジネスサテライト(WBS)」のエンディングテーマを担当する。

エンディングテーマのタイトルは「クロムノワール」。番組側の思いをTAKURO(G)が受け取って書き下ろした楽曲は、「明日が優しいものになるように」という祈りが込められた壮大なバラードソングに仕上がっている。楽曲は4月4日(月)放送回よりオンエアされる。

TAKURO(GLAY)コメント

この度はGLAYの楽曲「クロムノワール」をエンディングテーマに抜擢していただきありがとうございます。
この楽曲を制作するにあたり特に心掛けたことは、様々な情報が溢れ返る現代において揺るがない信念に裏打ちされ、「経済を通した今」を発信し続ける「WBS」の品格に見合う楽曲を作ることでした。
そして番組を観終えた視聴者の皆様の明日が優しいものになりますようにとGLAYメンバー一同、心を込めてレコーディングしました。

大江麻理子キャスター コメント

「僕たちも『WBS』の一員という意識でこの曲を作り、番組に携わります」。TAKUROさんが打ち合わせの時におっしゃった言葉が忘れられません。その後、曲作りの過程で何度も番組の意見を聞いてくださり、「あの言葉は本当だった!」とその度にスタッフ一同で感激しました。出来上がった曲を聴いたとき、番組を見てくださっている方が明日を優しい気持ちで迎えられますように、というGLAYの皆さんの祈りを感じました。実際に番組のエンディングで流れるのは30秒ほどですが、リリースされましたら、静けさと力強さと優しさを内包したこの曲のすべてを聴いていただきたいです。

佐々木明子キャスター コメント

日本の音楽シーンを牽引するGLAYの皆さんが番組を見てくださっているということを聞き、感激し、そのGLAYが「WBS」のために楽曲を書き下ろしてくれた事に驚き、そして「クロムノワール」を聞いて心打たれました。私たちはまさに激動の日々を生きています。コロナウイルスとの長い戦い、そしてロシアのウクライナ侵攻…善と悪の間でもがきながら、世界は今、あまりにも混沌としていて、それでも前に進まねばなりません。GLAYのドラマチックでどこか憂いを帯びているメロディーは、そんな現代を生きる私達の心の振幅を描いている様で深く、強く、語りかけてきます。「夜の寝息は誰にも優しい」。静かで優しい眠りが明日への活力につながります様に。「WBS」も激動の世界経済の一歩先を照らす道標でありたいと思います。

石原淳子チーフプロデューサー コメント

世界の秩序が危機を迎え、私たちの生活に直結する日本経済も激変しています。この時代を懸命に生きる人たち、懸命に働くすべての人々を応援できるような番組でありたい、そんな思いがGLAYの皆様と共有できたことを本当にうれしく感じています。「明日が優しいものになりますように」。そうあってほしいと、心から願っています。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL