変態紳士クラブと板尾創路、本気で生きる人々演じる

変態紳士クラブと板尾創路、本気で生きる人々演じる

変態紳士クラブ「溜め息」ミュージックビデオより。

変態紳士クラブの新曲「溜め息」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

「溜め息」は約1年ぶりの新作「舌打」のリード曲で、2月に開催された東京・日本武道館公演「変態紳士舞踏会 in 日本武道館」で初披露された。「ヤケクソに言われた今日 心で叫んで言うチクショー わかってる やるしかないんでしょ 舐めんなこっから今に見てろ」というリリックに象徴されるように、現代を“本気で生きている奴への応援歌”となっている。

MVの監督・撮影は柿本ケンサクが担当。リアルな日常をつづったリリックすべてを映像化した“リリックダイアリービデオ”に仕上がっており、「舌打」のジャケット写真にも登場した板尾創路がサラリーマン、変態紳士クラブのWILYWNKAがガソリンスタンドスタッフ、VIGORMANが製紙工場作業員、GeGが居酒屋の店員として働き、本気で生きる人を演じている。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL