アルカラや大石昌良を輩出した神戸ART HOUSEが7月末に閉店、新たなスタート切るべく準備中

アルカラや大石昌良を輩出した神戸ART HOUSEが7月末に閉店、新たなスタート切るべく準備中

アルカラや大石昌良といったアーティストを輩出した兵庫県神戸市にあるライブハウス・ART HOUSEが7月31日をもって閉店する。

閉店の理由は、ART HOUSEが入居する伊豆ビルの売却に起因するとのこと。約2年ほど前にビル売却の話が持ち上がり、コロナ禍においてしばらく宙に浮いていたこの話が、昨年末頃に再燃しART HOUSEは先方の弁護士より立ち退きの相談を受けたという。スタッフたちは先にスケジュールを組む業態のライブハウスにとって、いつ立ち退きが言い渡されるかわからない状況で経営していくことは困難と判断し、ART HOUSEは自主的に立ち退くことを決定。37年あまりの歴史に終止符を打つこととなった。

ART HOUSEのスタッフたちは伊豆ビルから退却後、神戸の地で新たなスタートを切るべく準備中。オフィシャルサイトには「近々良い報告ができるかと思います」とつづられている。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL