トライセラ和田唱が亡き祖父母との思い出つづった絵本「ばぁばがくれたもの」発売、CD付き仕様も

トライセラ和田唱が亡き祖父母との思い出つづった絵本「ばぁばがくれたもの」発売、CD付き仕様も

「ばぁばがくれたもの」表紙

和田唱(TRICERATOPS)の自身初となる原作絵本「ばぁばがくれたもの」が5月20日に発売される。

和田は「大切な人を無くした方々の気持ちに、寄り添っていきたい」という思いから、今は亡き祖父母との思い出をもとに物語を作成。本作には和田自身が子供の頃から抱えていた疑問に対する答えが込められており、「この絵本があなたにとっての、安心の気持ち、優しい気持ちを連れてきてくれたら、こんなに嬉しいことはありません」と和田による巻末コメントが添えられている。絵は和田の同窓である文化学院美術科出身の佐々木一聡氏が担当。この絵本は、作品テーマに沿って和田が書き下ろした新曲「オレンジ色のやすらぎ」のCD付きの仕様も販売される。

また7月には「ばぁばがくれたもの」の原画展の開催が予定されている。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL