スカートがドラマ「絶メシロードseason2」の主題歌書き下ろし「気分のいい曲が完成しました」

スカートがドラマ「絶メシロードseason2」の主題歌書き下ろし「気分のいい曲が完成しました」

スカート

スカートの新曲「架空の帰り道」が、8月26日(金)深夜からテレビ東京ほかでスタートするドラマ「ドラマ25『絶メシロードseason2』」の主題歌に決定した。

「絶メシロード」は、群馬・高崎のローカルグルメサイト「絶メシリスト」を原案としたドラマ。濱津隆之演じるサラリーマン・須田民生が週末に“絶命してしまいそうな絶品メシ=絶メシ”を求めて旅に出る様を描いた作品で、2020年1月~4月にシーズン1、2021年1月に元旦スペシャルがオンエアされた。スカートが「絶メシロード」の主題歌を担当するのは、シーズン1に引き続き2度目となる。

澤部渡はオファーを受けた際の感想について「前シーズンの主題歌だった『標識の影・鉄塔の影』は映像とのマッチングとも相まってドラマに寄り添った最適解のようなものが出たような気がしていて、オファーを受けた最初は『自分じゃもうあれ以上のものはできる気がしない』と後ろ向きな気持ちでいました」と不安だったことを明かしつつも、新シーズンの主題歌について「少しだけ目線を変えて、前回のスムースにアクセルを踏む感じから、少し気持ちが入ったアクセルの踏み出しの情景を目指した曲にしてみよう、と模索してこのような形になり、いわゆる『いい具合』でありながら、リズムの張った気分のいい曲が完成しました」と、その仕上がりに自信を覗かせている。

YouTubeでは、ドラマ全8話の内容を1分間にまとめたトレーラー映像を公開中。

スカート 澤部渡 コメント

前シーズンの主題歌だった「標識の影・鉄塔の影」は映像とのマッチングとも相まってドラマに寄り添った最適解のようなものが出たような気がしていて、オファーを受けた最初は「自分じゃもうあれ以上のものはできる気がしない」と後ろ向きな気持ちでいました。なので、少しだけ目線を変えて、前回のスムースにアクセルを踏む感じから、少し気持ちが入ったアクセルの踏み出しの情景を目指した曲にしてみよう、と模索してこのような形になり、いわゆる「いい具合」でありながら、リズムの張った気分のいい曲が完成しました。「ロード・ムーヴィー的な」という制作サイドのオファーもあり、映像的な曲になった気がしています。お楽しみに!

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL