chilldspotが主人公の“ロードムービー”、満員の東京公演で終幕

chilldspotが主人公の“ロードムービー”、満員の東京公演で終幕

chilldspot「One man tour "Road Movie"」最終公演の様子。(Photo by Kana Tarumi)

chilldspotが10月26日に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)にて全国ツアー「One man tour "Road Movie"」の最終公演を開催した。

定刻を迎え、chilldspotがステージに登場するとオーディエンスは自然と立ち上がり、温かい拍手で4人を迎え入れる。ジャスティン(Dr)のカウントを合図にchilldspotが演奏し始めたのは「music」。比喩根(Vo, G)は会場に集まった満員のオーディエンスを見渡し「いい夜になりそう」とこぼす。比喩根と玲山(G)のシンクロするギターサウンドが会場内に響き渡った「yours」、隙間のあるバンドアンサンブルで4人が息を合わせた「hold me」といった楽曲が次々披露されると、少しずつじっくりと客席の熱気が高まっていった。

MCでは今回の「One man tour "Road Movie"」がchilldspotを主人公とした“ロードムービー”になぞらえて行われたものであることが語られ、比喩根は“4人の旅”の終着点であるツアーファイナルを「楽しくて成長できるようなライブにしたい」と意気込みを語る。さらに彼女は「皆さんともっと距離を縮めるため」と話し、エレキギターを下ろしてハンドマイクで客席に近付いていく。比喩根が歌に専念した「夜の探検」「Weekender」「夜更かし」の3曲でchilldspotは会場を心地よくチルアウトさせ、オーディエンスはバンドの織り成す心地よいバンドアンサンブルに耳を傾けながらゆっくりと体を揺らしていた。

会場に用意された複数のミラーボールが光を乱反射し、会場内を一気にダンスホールのような空気感に変えた「未定」、小﨑(B)の繰り出す重厚なベースラインに比喩根が低音のボーカルを重ねる「Groovynight」といった楽曲を経て、ライブは終盤へ。最後のMCで4人はツアーを振り返り、比喩根は「初ワンマンから1年。演奏面でも成長した」と誇らしげに語る。普段はMCをしない玲山、小﨑、ジャスティンの3人もMCに加わり、ツアー中の宿泊先で男3人、露天風呂に入った思い出話などが語られた。バンド内のみならず、スタッフを含めたチームの結束力が強くなったと語り合う4人は「ネオンを消して」でライブを再開した。「よっしゃ、ここからさらにギアを上げていこう」という比喩根の言葉に呼応するように4人の演奏は熱を帯びていき、chilldspotは本編最後の3曲「your trip」「BYE BYE」「Like?」を熱演。会場内に万雷の拍手が響き渡る中、比喩根は「こんな素敵な景色、私忘れないから」という言葉を残し、ステージをあとにした。

アンコール代わりの手拍子に応えて登場したのは比喩根1人。「すべてやり切ってしまい、バンドでやれる曲がない」と話す。彼女は「でもせっかくお気持ちをいただいたので」と、エレキギターを手に弾き語りで「私」を歌唱した。アンコールを歌い終えた彼女は「1人でのお別れは寂しいから」とメンバーをステージに呼び込み、最後に4人で挨拶をすることに。最後に4人そろったchilldspotは改めてオーディエンスに別れの挨拶をし、“ロードムービー”をフィナーレに導いた。

chilldspot「One man tour "Road Movie"」2022年10月26日 Zepp DiverCity(TOKYO)セットリスト

01. music
02. line
03. yours
04. hold me
05. shower
06. flight
07. Sailing day
08. 夜の探検
09. Weekender
10. 夜更かし
11. dinner
12. Monster
13. 未定
14. Groovynight
15. ネオンを消して
16. Ivy
17. Kiss me before I rise
18. your trip
19. BYE BYE
20. Like?
<アンコール>
21. 私

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL