なにわ男子・高橋恭平は名言メーカー、「千輝くん」イベント中に発したありそうでない言葉とは

なにわ男子・高橋恭平は名言メーカー、「千輝くん」イベント中に発したありそうでない言葉とは

キャノン砲を持つ高橋恭平(なにわ男子)。

映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」の完成披露試写会が本日1月25日に東京都内で行われ、主演を務める高橋恭平(なにわ男子)をはじめ、キャストの畑芽育、板垣李光人、莉子、曽田陵介、中島瑠菜、鈴木美羽、監督の新城毅彦が登壇した。

3月3日に公開される「なのに、千輝くんが甘すぎる。」は亜南くじらによる同名マンガを実写化したラブストーリーだ。畑演じる女子高生・如月真綾は人生初の告白に玉砕。そんな彼女は高橋演じる陸上部のエースで学校一のイケメン・千輝彗から秘密の“片想いごっこ”を提案される。

本作の重要な要素である“片思いごっこ”について高橋は「片思いのふりをして相手にその瞬間を楽しんでもらうというか。お互いに絶対好きになってはいけない。2人だけの秘密にするという条件があります」と説明。千輝を演じてみて、「クールに見られがちなところには共感しました。千輝は不意に胸キュンさせてしまうタイプなので、自然にそう見えるように意識しました」と振り返り、「ブレザーの制服を着たんですけど、僕がブレザーを着てることで“最強”と“最強”ですよね」と恥じらいながら自画自賛してみせた。

タイトル通り、甘いシーンが満載の本作。高橋と畑によるお姫様抱っこのシーンの話題になると、畑は「お姫様抱っこをされる機会なんてないんでね。だいぶ不慣れでしたよね?」と高橋に視線を送る。すると高橋は「メンバーの道枝駿佑をお姫様抱っこすることはあるんですけど、メンバーを抱っこすることくらいしかないんでね。大きい卵を落とさないように、そっと優しくお姫様抱っこをしました」と裏話を明かした。また、現場での高橋の様子を聞かれた曽田は「たまに“胸キュンワード”を言ってるよね」と指摘。高橋は「言ってないです!」とあわてて否定し、「名言みたいなのが好きなんです。『1より100が好き』『人を見るなら上を見ろ』とか……今ぱっと思いついたんですけど、あるようでないような言葉を作りたいんです」と語った。

ここでキャスト陣は「今、片思いしているもの」をフリップで回答。莉子は「車」、曽田は「ご飯」、中島は「まんが」、板垣は「季節」と発表し、畑は人気キャラクターの「ちいかわ」、鈴木は畑を見ながら「めいめい」と答えた。高橋は「サウ活」と書いたフリップを出し、週5回も行くほどサウナ好きであることを強調。曽田とサウナに行った思い出を振り返りつつ、「整いたいんです」と声を張り上げた。最後に、登壇者を代表して高橋は「僕が知るかぎり“ベストオブ胸キュンストーリー”になってると思いますので、ぜひ楽しんでください」と笑顔で作品をアピールした。

(c)2023「なのに、千輝くんが甘すぎる。」製作委員会 (c)亜南くじら / 講談社

JOYSOUND.com

「高橋恭平」のカラオケ・歌詞などを検索!

「なにわ男子」のカラオケ・歌詞などを検索!

「畑芽育」のカラオケ・歌詞などを検索!

「板垣李光人」のカラオケ・歌詞などを検索!

「莉子」のカラオケ・歌詞などを検索!

「曽田陵介」のカラオケ・歌詞などを検索!

「中島瑠菜」のカラオケ・歌詞などを検索!

「鈴木美羽」のカラオケ・歌詞などを検索!

「新城毅彦」のカラオケ・歌詞などを検索!

「亜南くじら」のカラオケ・歌詞などを検索!

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL