JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

「SWITCH」に細田守×中村佳穂×常田大希、Eve、Ado、STUTSら登場

7月20日発売の雑誌「SWITCH Vol.39 No.8 特集 サウンドトラック 2021」より。左から常田大希(millennium parade)、中村佳穂、常田大希。
3年近く前2021年06月30日 8:03

7月20日発売の雑誌「SWITCH」で映像と音楽の関わりを紐解く「サウンドトラック 2021」と題した特集が展開される。

この特集では映画、ドラマ、アニメーション、YouTubeなど、さまざまな映像媒体のコンテンツを彩り、現在の音楽シーンを盛り上げているサウンドトラックにフォーカス。7月16日に公開される映画「竜とそばかすの姫」にスポットを当てたパートでは、監督の細田守、主人公・すず / ベル役を務めた中村佳穂、メインテーマを手がけた常田大希(millennium parade)に加えて、本作で声優に初挑戦したシンガーソングライターの幾田りら、音楽を担当した岩崎太整、ルドウィグ・フォシェル、坂東祐大らへのインタビューが50ページにわたって掲載される。

またYouTubeチャンネルのフォロワー数が300万人を超えるシンガーソングライターのEve、「うっせぇわ」で脚光を浴びた歌い手・Adoと彼女のイメージディレクターを務めるORIHARAも本特集で「SWITCH」に初登場。さらにテレビドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の主題歌を手がけたSTUTSへのインタビューも掲載し、ドラマとヒップホップの新たな関係性を提示したプロジェクトの革新性に迫る。

なお今号の「SWITCH」には、設立10周年を迎えるアニメスタジオ・MAPPAの軌跡を作品とともに振り返り、「劇場版 呪術廻戦 0」「チェンソーマン」といった今後公開予定の新作情報も交えながら、同社の過去、現在、未来を紐解く特集も掲載される。

関連記事

「DEAD POP FESTiVAL 2024」出演アーティスト第2弾告知ビジュアル

SiM主催「DEAD POP」第2弾発表でDizzy、Awich、Crossfaith、Skindred、YOASOBI追加

2日
NewJeans

NewJeans初の東京ドーム公演にYOASOBI、リナ・サワヤマがゲスト出演

4日
幾田りら

幾田りら、「めざましどようび」新テーマソング書き下ろし「朝誰かの耳にそっと寄り添えたら」

4日
Travis Japan

Travis Japanが「CDTV」踊ってみた企画に挑戦、King Gnuのあの曲でダンス

5日
「SPACE SHOWER TV 35th ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2024」ロゴ

昨年の「ラブシャ」ライブ映像をYouTubeで1回限り公開、今晩より3日連続

5日
「ジム・オルーク×石橋英子 / ermhoi with the Attention Please」告知ビジュアル

ジム・オルーク×石橋英子とermhoi with the Attention Pleaseがツーマン

6日
くら寿司とAdoのコラボロゴ

くら寿司のテーマソングをみんなで考えよう、完成したらAdoが歌います

7日
YOASOBI

YOASOBIが生配信、Ayase&サントリー生ビールの誕生日をお祝い

7日
「SUMMER SONIC」ロゴ

「サマソニ」バンコク公演にYOASOBI出演、BABYMETALはBodyslamとコラボ

7日
King Gnu(Photo by Kosuke Ito)

King Gnuが5大ドームツアー完走「今日は伝説作りましょうよ」“100年後の未来”に刻む5万5千人の熱狂

8日