JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Night Tempoアルバム参加の野宮真貴、道重さゆみ、上坂すみれ、山本彩ら10名からコメント発表

2年以上前2021年12月01日 1:03

Night Tempoが12月1日に初のメジャーオリジナルアルバム「Ladies In The City」をリリース。本作に参加するゲストボーカリストからのコメントが公開された。

ゲストボーカリストとして参加しているのはBONNIE PINK、上坂すみれ、刀根麻理子、山本彩、野宮真貴、道重さゆみ、Crystal Tea、竹内美宥、十束おとは(フィロソフィーのダンス)、国分友里恵の10名。それぞれが独自の視点からNight Tempoとコラボレーションした感想や、参加曲に対する思いを綴っている。

また12月3日にはアルバムの発売を記念した番組「Night Tempoが語るアルバム『Ladies In The City』」が、Night TempoのYouTube公式チャンネルおよびInstagramアカウントで生配信される。アーカイブは残らない予定なので、リアルタイムで視聴しよう。

BONNIE PINK コメント

実はNight Tempoのことをよく知らなかった私ですが、彼と一緒に何ができるか興味が湧いたのでお引き受けしました。オンラインでのやりとりの中で、日本の文化に対する造詣を熱く流暢な日本語で語る彼にとても感心しました。彼からもらったデモトラックとガイドメロディーには"Galanty Show"という仮タイトルがついていて、そこから何となく寓話的な世界観を想像して、ふと「不思議の国のアリス」が頭に浮かびました。「恋愛ソングかそれ以外か?恋愛ものだとすれば恋愛中か終わった恋か?この曲を聞いて欲しい時間帯はあるか?」といった簡単な質問を投げると「どちらかと言えば終わった恋で時間帯は夜」ということだったので、迷宮入りしてしまった恋の物語をアリスの世界をモチーフに書いてみました。歌詞を書き進めながら歌のメロディーやコーラスワークにBPのスパイスを振りかけさせていただいたので(自由にやってくださいって言ってた・・よね?)、リモートワークながらもちゃんとコラボレートできたと自負しております。沸沸と盛り上がる感情とビートが交錯して、聴いた人がワクワクしてくれたらいいなぁ。温故知新という彼のアティテュードのおかげで、世代を超えたコラボができて私自身とても楽しかったし、この出会いに感謝しています。

上坂すみれ コメント

Night Tempoさんの楽曲のいちファンなので、お話を聞いたときはとても感動しました。作詞もさせていただき、光栄です!
帰宅すると留守番電話が3件くらい入っている系のミニスカシティーガール気分で、ぜひお聴きください。

刀根麻理子 コメント

初めてのリモート・ディレクション、想い続けてくださったNight Tempoさんの熱いハートを感じることができ、嬉しかったです。
歌詞は、思春期の頃から揺るがない片想い体質から生まれたもの。曲の斬新さに刺激され、短時間で切ない世界観を表現できたと満足しています。
忘れられない一曲になりそう…。

山本彩 コメント

Night Tempoさんとご一緒させていただくのは今回が初めてだったのでお声がけいただいた時は、驚きもありながらとても光栄でした。
私が歌わせていただいた“I Don’t Wanna”はメロディラインやリズムなど複雑な所も多く、表現をするのが難しかったですが、丁寧に分かりやすく、私の歌に寄り添ってディレクションして下さったので、楽しくレコーディング出来ました。
聴けば聴くほど、クセになる楽曲ですので是非聴きまくって下さい!

野宮真貴 コメント

Night Tempoから「90年代、都会に住む女性のイメージで歌詞を書いて歌ってほしい」というメッセージ。
歌謡曲テイストの甘い歌詞と最新型のNight Tempoサウンドで素敵な「ザ・90年代グルーヴ」が誕生ね!

道重さゆみ コメント

「feat. 道重さゆみ」、、、って、本当にいいのでしょうか??(笑)
このお話をいただいた時は、正直、とてもびっくりしました!

歌わせていただいた「Night Light」は、これまでの私の曲にはないタイプの曲だったので、はじめはどうやって歌えばいいのか、めちゃくちゃ悩みましたが、レコーディングではNight Tempoさんとリアルタイムでリモートでやり取りしながら進めていったので、とても新鮮でした♪

他のアーティストさんの曲もどんな感じになってるのか、楽しみです!

Crystal Tea コメント

これまで日本の音楽から多くの影響を受けて活動してきたので、ナイト・テンポさんの日本メジャー・デビュー・アルバムに参加する事は個人的に多くの意味がありました。演奏やレコーディングはバンド・サウンドを中心に作業をしていましたが、デジタルでもこんなに温かく懐かしい音楽ができるということに、今更のように感激した良い経験でした。また同じ時代を共有する人として、彼が表現しようとする様々な感性を理解できて、楽しかったです。

私が参加した「Love Actually」は愛が厭世的なものに変わってしまった都会の女性についての歌です。初めて人が書いた歌詞を歌うにも関わらず、メロディーにあふれる寂しさのおかげで,感性を活かすことは難しくありませんでした。楽しいビートのどこかに胸に染みる部分が確かに存在するということ。この曲とこのアルバムの最も素敵な部分だと思います。

竹内美宥 コメント

ナイト・テンポさんとは、韓国のトッポギ屋さんでシティ・ポップの話を交わしたのが始まりでした。その後も音楽への想い、細部までこだわられた丁寧な作品に魅了されて参りました。ご一緒させて頂けること大変嬉しく思います。今回歌わせて頂く「Sentimental」は、私が生まれた1996年に発売された松田聖子さんの「Let's Talk About It」を思い出させるようなビートに、メランコリックな感情が乗った一曲です。ぜひヘビロテしてください!

十束おとは(フィロソフィーのダンス)コメント

Night Tempoさんの創り出す素敵な作品の中に入ることができて、とても嬉しいです。
曲はもちろん、相談しながら作り上げた可愛い歌詞にもご注目ください!

国分友里恵 コメント

シティポップという言葉が市民権を得て、当時のファン、さらに新たなファンへと拡大し、私のデビューアルバムもその波に乗れたことで、DJの方々にずいぶん使っていただき、CD化、さらには再アナログ化、と思ってもみない展開になりました。そして今回は、その日本の「シティポップ」を世界へと飛び立たせた、韓国のナイトテンポさんのオリジナルアルバムに参加させていただけるという、幸運もいただきました。曲が先行で、メロディに歌詞をつける、という手順こそいつもと同じでしたが、歌入れは彼にリモートでディレクションしていただき、そしてボーカルトラックのみを送ってミックスを待つ、という最近ならではの作り方が新鮮でした。メロディはメロディアスというよりは、歌も楽器の一つ、的な扱いで、歌詞をつけるのは大変かな、と思いましたが、意外にスムースに進みました。どうぞお楽しみください。そして私自身も、他のアーティストの方々の曲を聴くのが楽しみです。

関連記事

(c)ナタリー

太陽とシスコムーン、M-lineアーティストの楽曲がサブスク解禁

約12時間
NONA REEVES

ノーナ西寺郷太「GOTOWN FREAK」有楽町で開催 土岐麻子、BONNIE PINKを迎えて

4日
「劇場版『ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉』オリジナル・サウンドトラック」ジャケット

劇場版「ウマ娘」サントラ本日リリース、大石昌良提供の主題歌も収録

14日
V.A.「16 SONGS OF HIROBUMI SUZUKI - DON'T TRUST OVER 70 -」参加アーティスト

ムーンライダーズ鈴木博文の古希祝いトリビュート発売 あがた森魚、キスエクら16組参加

19日
フィロソフィーのダンス

フィロソフィーのダンスは“最強の五人組”を目指す

20日
「KING SUPER LIVE 2024」の様子。

「キンスパ2024」2日目も貴重なコラボ多数、水樹奈々「アニソン好き魂をこれからも燃やして」

24日
angela

「キンスパ2024」レアなコラボや懐かしの楽曲に沸いた初日は「いにしえのオタクの魂が浄化される夜」

24日
サプライズライブを披露した福嶋晴菜、藤本侑里、上坂すみれ、小倉唯(左から)。

藤本侑里、上坂すみれ、小倉唯、福嶋晴菜が「ウマ娘」完成披露で主題歌サプライズライブ

約1か月
モーニング娘。「抱いてHOLD ON ME!」ジャケット

モー娘。&太シス、7inch化プロジェクト第2弾で「抱いてHOLD ON ME!」など

約1か月
上坂すみれ

上坂すみれベスト盤詳細、リード曲は桃井はるこ作詞作曲

約1か月