JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Charaが阿部寛主演ドラマでバーのオーナー役、「スワロウテイル」以来26年ぶりに演技

「すべて忘れてしまうから」に出演するChara。
1年以上前2022年07月19日 22:02

9月に配信がスタートするディズニープラス「スター」の日本発オリジナルドラマシリーズ「すべて忘れてしまうから」にChara、宮藤官九郎が出演する。

「すべて忘れてしまうから」は燃え殻の同名エッセイを実写化した作品。ハロウィンの夜に姿を消した彼女“F”を巡る、ミステリアスなラブストーリーが描かれる。主演を務めるのは阿部寛で、彼女の行方を探すミステリー作家“M”を演じる。

Charaは物語の重要な場所でもあるBar 灯台のオーナー・カオル役で出演。1996年公開の映画「スワロウテイル」以来26年ぶりの役者仕事だというCharaは、オファーを受けた理由について「音楽絡みの役柄だったのと、私にやって欲しいという熱意が伝わったからです」「新しい事をやるのは、とても楽しいからね」とコメントし、「Charaに寄せてくれたんでしょうか? 女性でシングルマザーで息子もいるところと音楽を愛しているところかしら? カオルさんの方が謎めいてるかな」とカオルとの共通点を語っている。

一方、宮藤が演じるのはBar 灯台の料理人・フクオ。宮藤は「無理に感情を誘導せず、強引に盛り上げたり、泣かせようとしたりせず、それでも、大人の子供っぽさとか、若者の達観とか、生きにくい社会とか、現代を切り取っている、珍しいドラマだと思います。その中で、珍しくオシャレな服を着て、珍しく良いこと言ったり言わなかったりしている僕を観てください」と本作をアピールしている。

Chara コメント

オファーを受けた理由

音楽絡みの役柄だったのと、私にやって欲しいという熱意が伝わったからです。新しい事をやるのは、とても楽しいからね。

カオルと似ている点

Charaに寄せてくれたんでしょうか? 女性でシングルマザーで息子もいるところと音楽を愛しているところかしら? カオルさんの方が謎めいてるかな。

主演の阿部寛について

かっこよかったです。声とか低くて素敵でした。

本作を楽しみにしている人へメッセージ

独特のドラマスタイル。原作から、気になっている人も、役者さんから気になる人も楽しめるといいな。

宮藤官九郎 コメント

オファーを受けたときの心境

嬉しかったです。俳優として連続ドラマに出るのも久しぶりですし、阿部さんとも15年ぶりの共演だし。監督陣はじめスタッフも若く才能溢れる方々だし、何しろ衣裳がいちいちオシャレで、着て帰りたいくらいでした。

自身が演じるフクオについて

なんか、いい加減に生きているように見えて、自分の半径数メートルの世界を大事にしているんだろうなと。20代半ばまで深夜営業の居酒屋でバーテンのような事をしていたので、自分でも驚くほど自然に溶け込むことが出来ました。

阿部寛との共演を振り返って

10数年前に、広島の山の中で1ヶ月くらい、終わらないんじゃないかという過酷な撮影を共にして以来でしたが、いい声でボソっと、くだらない事を仰るところは、まるで変わってなくて、懐かしかったです。阿部さんの役はすごく情けなくて、関係性も、ちょっとだけ僕の方が優位だったのが、新鮮でした。

本作の魅力について

現場でもらう差し込みの台詞がいちいち秀逸で、そのディティールに、監督が何を大切にされているかが滲み出ているような気がして、そういう細部にこそ、このドラマの本質があるんじゃないかなと思いました。

本作を楽しみにしている人へメッセージ

無理に感情を誘導せず、強引に盛り上げたり、泣かせようとしたりせず、それでも、大人の子供っぽさとか、若者の達観とか、生きにくい社会とか、現代を切り取っている、珍しいドラマだと思います。その中で、珍しくオシャレな服を着て、珍しく良いこと言ったり言わなかったりしている僕を観てください。

制作陣 コメント

Charaさんは、映画「スワロウテイル」での圧倒的な存在感は多くの邦画ファンの脳裏に鮮烈な記憶として刻まれています。その元来のカリスマ性が、本作の持つ誰の記憶にも繋がるような日常ドラマを、特別な味わいに仕立ててくれるものと確信して、監督たちの満場一致を受けてご出演を依頼しました。
人間・宮藤官九郎には格別な色気が漂っています。それは人生において様々な事象を深く見つめ、触れてきたからこそ醸し出されるものだと思いますし、そんな宮藤さんだからこそ、掴み所のないフクオという役柄に実在感を持たせることができると思いました。

関連記事

グッドラックヘイワ

グッドラックヘイワ×シネマ歌舞伎 宮藤官九郎の新作「唐茄子屋 不思議国之若旦那」に新曲提供

約2か月
ザ・たこさん

ザ・たこさんが2024年よりライブ活動休止

約2か月
ザ・ルースターズのサブスク解禁告知ビジュアル

ザ・ルースターズのプレイリスト企画にオカモトショウ、宮藤官九郎、みの、山中さわお、矢井田瞳ら参加

約2か月
「Chara Birthday Party 2024 "VELVET SUNSET"」フライヤー

Charaの誕生日は1月13日、バースデーライブを東阪で開催

約2か月
「EPIC 45 -The History Is Alive-」ジャケット

シャネルズからwacciまで!EPICレコード45周年コンピ発売、時代を彩った45曲収録

2か月
「RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 1 20TH ANNIVERSARY JAPANESE LOVERS COLLECTIONS」ジャケット

「RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS」シリーズ20周年!第1弾リニューアル&第8弾発売

3か月
左から岩井俊二、小林武史、Chara、アイナ・ジ・エンド、Salyu。(撮影:岩澤高雄)

YEN TOWN BAND、Lily Chou-Chou、Kyrieが“円都”に集結 映画の世界を表現した貴重ライブ

3か月
「女性たちの声は、ヒットチャートの外に~音楽と生きる女性30名の“今”と“姿勢”を探るインタビュー集」書影

ヒットチャート内のジェンダーギャップについて考える書籍「女性たちの声は、ヒットチャートの外に」

3か月
菅野よう子「CMようこ」ジャケット

菅野よう子CM音楽集2作が本日サブスク解禁 Chara、坂本真綾、畠山美由紀、湯川潮音ら参加

3か月
緑黄色社会

緑黄色社会「NHK全国学校音楽コンクール」中学生の部の課題曲を制作

4か月