JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ぜったくんが秘密兵器でセッション、さとうもか&kou-keiとのコラボも見せたリキッドワンマン

1年以上前2022年09月22日 3:04

ぜったくんのワンマンライブ「WAKE WE UP!!!」が9月16日に東京・LIQUIDROOM、18日に大阪・Music Club JANUSで開催された。

2019年7月に配信シングル「Catch me, Flag!!? feat. SUKISHA」でデビューして以降、コンスタントに楽曲を発表してきた“巣篭もり系マイルドラッパー”ことぜったくん。今年8月に記念すべき1stアルバム「Bed in Wonderland」をリリースした彼は今回、アルバムの収録曲を中心としたバンド編成のパフォーマンスを繰り広げた。この記事ではゲストのさとうもか、kou-keiも駆け付けた東京公演の模様をレポートする。

開演時刻が少し過ぎた頃、バンドメンバーのタケウチカズタケ(Key)、キミカ(Cho)、SUKISHA(B)、KO-ney(MPC)、久保佑太(Dr)によるセッションがスタート。ぜったくんがマイクを手に姿を現すと、カウントアップをきっかけに「レンタカー」で勢いよくライブを始めた。「みんな起きてくれー!」という彼のかけ声で始まったのは「Wake me UP!!!」。「鍵盤! マイク! 関係性は? ある!!」「お客さん! リキッド! 関係性は? ある!!」というアドリブも盛り込まれ、ハイテンションなパフォーマンスが展開された。アッパーチューンでフロアを温めたぜったくんは、ジャジーなムードの「Midnight Call」「Bad Feeling」を連発。ソフトな歌声を響かせて、穏やかな夜を描き出した。

ビタミンCの足りない世の中に「orange juice」、すべての慢性鼻炎の人へ「Man say Bien」とターゲットを絞りながら曲を届けたぜったくん。ここで彼は秘密兵器だというPlayStation 4のコントローラーを天高く掲げ、KO-neyにセッション対決を申し込む。先攻のぜったくんはコントローラーを手にスペーシーなサウンドを鳴らし、後攻のKO-neyも表情を歪ませながらMPCを自在に操り、双方がフロアを大いに盛り上げた。潔く負けを認めたぜったくんは、気持ちをすぐに切り替えバンドメンバーを紹介。改めて今回のワンマンについて「友達の家に遊びに来た感じで見守っていただけたらと思います」とオーディエンスに呼びかけた。

1stアルバムの中でも特に好きだというラブソング「Baby」が披露され、切ないムードに包まれたあと、ステージには“夢の国”から来たというさとうが登場。「sleep sleep feat. さとうもか」でぜったくんとさとうは温もりのある歌声を重ね、オーディエンスを眠りの世界へと誘った。間奏ではぜったくんが「僕、夢がありまして」と切り出し、「もかちゃんの歌を歌います!」と宣言。お気に入りの「Lukewarm」をさとうとデュエットして喜びをあらわにした。

渋谷の夜が表現された「NiGHT SHiFTER」のあとには、ぜったくんが「あれ、後半折り返してる?」とセットリストを慌てて確認し、 「嫌です!」とライブの終わりを意識する。そんなブルーな気持ちを振り払うように彼は「味噌つけてキュウリ食べたい」でオーディエンスと盆踊りを楽しみ、「温泉街 feat. kou-kei」でkou-keiと息の合ったラップを繰り出して場内のボルテージを引き上げた。熱気が冷めやらぬまま、「ビュンビュン逃飛行△」のパフォーマンスへ移ると、ぜったくんとKO-neyのセッションが再び繰り広げられ、にぎやかな空気の中で本編が幕引きとなった。

アンコールを求める拍手に応え、ぜったくんとバンドメンバーがステージに再登場。季節を先取るように「Gaming Party Xmas」を披露する。楽しげに踊る観客に対して彼は、「みんな優しいな。職場とか学校でも優しいって言われるでしょ?」と笑顔で投げかけた。そして、最後に届けられたのは「Catch me, Flag!!? feat. SUKISHA」。ぜったくんはオーディエンスとともにジャンプし、昂ぶる気持ちを全身で表現した。すべての曲を終え、晴れやかな表情の彼はバンドメンバーとともに手を振ってステージをあとにした。

「ぜったくん ワンマンライブ『WAKE WE UP!!!』」2022年9月16日 LIQUIDROOM セットリスト

01. レンタカー
02. Wake me UP!!!
03. Midnight Call
04. Bad Feeling
05. なんて日だ
06. orange juice
07. Man say Bien
08. Baby
09. sunday sunday
10. sleep sleep feat. さとうもか
11. amy
12. NiGHT SHiFTER
13. 味噌つけてキュウリ食べたい
14. 温泉街 feat. kou-kei
15. Parallel New Days
16. ビュンビュン逃飛行△
<アンコール>
17. Gaming Party Xmas
18. Catch me, Flag!!? feat. SUKISHA

※「ビュンビュン逃飛行△」の△は飛行機の絵文字が正式表記。

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「SYNCHRONICITY'24」第6弾出演アーティスト

「SYNCHRONICITY'24」に(sic)boy、呂布カルマ、chelmico、水曜日のカンパネラら16組追加

5か月
ぜったくん「Tomorrow!」ジャケット

ぜったくん“とってもあったかい曲”リリース、石原さとみ出演のすき家CMソング

6か月
U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENES

「結いのおと」今年はホールと公園で開催 U-zhaan×環×鎮座、スぺアザ、グソクムズら出演

6か月
ぜったくん

ぜったくんがテーマソング書き下ろし、石原さとみがカレー頬張るすき家CM

6か月
ぜったくん「shuttle 99」ジャケット

ぜったくん、新作EP配信「何でもない記憶にも大事な思い出にも結びつく一枚になったら」

10か月
「Eggs presents FM802 MINAMI WHEEL 2023」告知ビジュアル

大阪「MINAMI WHEEL 2023」出演者第1弾発表で120組

11か月
asmi(Photo by Kato Shumpei)

MAISONdes初ライブで入居者大集合、asmi「私の人生を変えてくれた存在」

11か月
NEWS「NEWS EXPO」通常盤ジャケット

NEWSアルバムに綾小路翔&BUCK-TICK星野英彦、eill、ぜったくん、SHO-SENSEI!!、檜山沙耶ら参加

11か月
ぜったくん「サンダループ」配信ジャケット

ぜったくんがサマーソング「サンダループ」配信リリース、10月に東阪ワンマンライブ開催

約1年
「SYNCHRONICITY'23」ビジュアル

「SYNCHRONICITY」第4弾にラッキリ、踊って、小林私、Cody・Lee(李)、TENDOUJIら16組

1年以上