JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

NOT WONK加藤のソロプロジェクト・SADFRANKが本格始動、1stシングル「Quai」本日配信

SADFRANK
1年以上前2022年11月16日 12:03

NOT WONKの加藤修平(Vo, G)によるソロプロジェクト・SADFRANKが、本日11月16日に1stシングル「Quai」を配信リリースした。

加藤は本作で初めて日本語詞で歌唱。レコーディングには本村拓磨(B / ゆうらん船)、石若駿(Dr / Answer to Remember、CRCK/LCKS、SMTK)、香田悠真(Pf)のコアメンバーに加え、松丸契(A.Sax / SMTK)、佐藤慧(T.Sax / Hei Tanaka)、徳澤青弦(Vc)、須原杏(1st Vn)、亀井友莉(2nd Vn)、三品芽生(Vla)、山本啓(Vn / NABOWA)といった面々が参加した。クリエイティブディレクターは松尾紀が務め、アートディレクションおよびデザインは星加陸が担当した。

またSADFRANKは12月18日に北海道・モエレ沼公園 ガラスのピラミッド、2023年2月26日に東京・ADRIFTでツアー「TOURNURE」を開催する。チケットぴあでは11月23日23:59まで、各公演のチケット先行販売を実施中。

加藤修平 コメント

SADFRANKが始まります。悲しみ、それ自体が常に目に涙を浮かべていたり、怒り、それ自体が常に眉間に皺を寄せているわけではなく、むしろ私たちに取り入るように様々な表情を作りながら、ひっそりと忍び寄ってきているのだと感じます。そして私は彼らのその狡猾な歩幅を歌おうと思っています。

松尾紀 コメント

何かを作り世に残すこと。その意義の一つは遠い未来に出会うべき人たちの顔を思い浮かべることなんだ、と。そんなことを思いながらSADFRANKと向き合い続けてきました。
SADFRANKに僕と星加が関わるという意味を考えながら、これからも一緒に作っていきたいと思います。

星加陸 コメント

名前を呼ばれる事で存在は固まる。自分の名前を他人に呼ばれる事が、音楽という大勢と時間を共有し反応を確認できる媒体でどう定着するのかを考えながらSADFRANKの新しいスタートを扱い始めました。

SADFRANKのシンボルは回を重ねるごとに変容し、設定したメッセージが残る形式を目指します。今後どう定着し、皆が何を“SADFRANK”と呼び示すのか楽しみです。

TOURNURE

2022年12月18日(日)北海道 モエレ沼公園 ガラスのピラミッド
2023年2月26日(日)東京都 ADRIFT

関連記事

「NEC presents FUJI&SUN'24」の様子。(c)FUJI&SUN'24

富士山の麓で森山直太朗やネバヤンら総勢32組が熱演「FUJI & SUN'24」に6500人が来場

1日
大貫妙子(写真提供:NHK)

教授の愛したスタジオで大貫妙子がトーク&歌唱、ヒゲダン藤原聡と菅田将暉のインタビューもOA

4日
「Binary Cracker」フライヤー

CRCK/LCKSとBialystocksが初ツーマン

5日
菅田将暉

菅田将暉のアルバムに佐藤千亜妃、Bialystocks甫木元空、バニラズ牧達弥ら参加「SPIN」詳細

11日
「FAHDAY2024」ビジュアル

NOT WONK加藤修平の発案イベントは“表現の交換市”、取り壊し予定の市民会館が舞台

13日
「ARABAKI ROCK FEST.24」ビジュアル

今年の「ARABAKI」後日放送決定、9mmや10-FEETら豪華コラボ目白押し

18日
「FUJI & SUN'24」キービジュアル

「FUJI & SUN」タイムテーブル公開 各日トリはネバヤン、森山直太朗

19日
ゲスの極み乙女「ディスコの卵」配信ジャケット

バームクーヘンから4年、ゲスの極み乙女ひさしぶりのオリジナルアルバムは「ディスコの卵」

20日
「JAZZ NOT ONLY JAZZ」ビジュアル

石若駿率いる特別バンドがアイナ、上原ひろみ、大橋トリオ、田島貴男、PUNPEE、堀込泰行とセッション

26日
「Kaiju Rock」配信ジャケット

「怪獣8号」劇中曲「Kaiju Rock」明日配信!演奏は坂東祐大、佐々木“コジロー”貴之、新井和輝、石若駿

約1か月