JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ツミキ×藍にいな×鈴木愛理「shampoo」配信、日テレ「音と画」から生まれたコラボ曲

左からツミキ、鈴木愛理、藍にいな。
11か月前2023年04月12日 9:03

ツミキ feat. 鈴木愛理名義の楽曲「shampoo」が、本日4月12日に配信リリースされた。

「shampoo」は、日本テレビ系の音楽ドキュメントバラエティ「音と画」から生まれた楽曲。「フォニイ」などで知られるボカロP・ツミキが楽曲制作を、本日4月12日に29歳の誕生日を迎えた鈴木が歌唱を、YOASOBI「夜に駆ける」などのミュージックビデオにおけるアニメーションを手がける藍にいなが今作のメインビジュアルをそれぞれ担当した。

この曲は「もう二度と会えない」をテーマにしたミディアムチューンで、ミツキはこのテーマに対してまず“幽霊”をイメージ。さらに藍のラフスケッチから水気、水気から風呂と連想していき、最終的な歌詞は「お風呂で目をつむってシャンプーをしているときに、後ろに誰かがいる気がする」という内容に発展した。鈴木が「そんな人間の喉ってコロコロ動かない」と感想を漏らした複雑なメロディ、譜割りにも注目だ。なお「音と画」は、TVerおよびhuluで配信中。

関連記事

「アップトゥボーイ vol.336」表紙

鈴木愛理にとってアイドルとは?11年ぶり単独表紙「アップトゥボーイ」で明かす“愛理的アイドル論”

1日
鈴木愛理

鈴木愛理ニューアルバム詳細、☆Taku Takahashi&空音を迎えた「恋におちたら」カバーも収録

2日
「ある日、下北沢で」キービジュアル (c)TOKYO MX/BS11

鈴木愛理ドラマ「ある日、下北沢で」に曽我部恵一、西寺郷太、おかもとえみ、高野洸、ピエール中野ら

4日
鈴木愛理

鈴木愛理「ある日、下北沢で」で主演、レコード店で働く“愛理”役

19日
鈴木愛理

鈴木愛理、28歳から29歳までの足跡を記録した4thアルバムを3月に

19日
野田愛実

野田愛実がカバーEPリリース、なとり「Overdose」やYOASOBI「アイドル」歌唱

約1か月
「あざとくて何が悪いの?」ロゴ

TREASUREハルト&ジフン「あざとくて何が悪いの?」登場、鈴木愛理はジフンの言葉にうろたえる

約1か月
「ライブナタリー“Aooo × Hakubi × チリヌルヲワカ”」告知ビジュアル

Aooo、Hakubi、チリヌルヲワカが渋谷に集結

約1か月
鈴木愛理

鈴木愛理がアイドルファンに捧ぐ「最強の推し!」、2024年は笑顔絶やさぬ30代に

約2か月
(c)ナタリー

年越し「CDTV」タイムテーブル公開 WEST.、トラジャ、ジェネ、坂道3グループ、ルセラ、JO1ら出演

約2か月