JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Petit Brabancon新作EPは6曲入り「Automata」

Petit Brabancon「Automata」アートワーク
約1年前2023年04月26日 9:03

Petit Brabanconがリリースする新作EPの詳細が発表された。

今年1月に東京・豊洲PITで行われたワンマンライブ「Petit Brabancon EXPLODE -01-」の終演後にリリースが発表されていたこの新作。発売日は6月14日、タイトルは「Automata」に決定した。

「Automata」にはyukihiro(Dr)が作曲したインスト曲「mind-blow」、ミヤ(G)作曲のメロディアスなリード曲「孤動」、昨年9月開催の全国ツアーより演奏されていた「Miserable」、豊洲PIT公演で初披露されたyukihiro作曲の「surely」など全6曲を収録。マスタリングエンジニアには今回もSterling Soundのテッド・ジェンセンが起用された。

ジャケットアートワークを手がけたのは台湾のイラストレーターでタトゥーアーティストの群氏。バンドの特徴でもある無機質な音像と血の通った人間らしさのコントラストを“Automata”(機械人形)として表現している。

本作は完全生産限定盤と一般流通盤の2仕様でリリース。MAVERICK STOREとGALAXY BROAD SHOPのみで販売される完全生産限定盤はキャンバスアート風の特殊パッケージ仕様で、豊洲PIT公演の映像を収録したBlu-ray、オリジナルTシャツ購入ページへのアクセスコードが封入される。

Petit Brabanconは新作リリース後、7月12日よりツアー「INDENTED BITE MARK」を開催する。チケットは現在販売中。

Petit Brabancon「Automata」収録曲

01. mind-blow
[作曲:yukihiro]

02. 孤動
[作詞:京 / 作曲:ミヤ]

03. Loser
[作詞:京 / 作曲:antz」

04. surely
[作詞:京 / 作曲:yukihiro]

05. Common destiny
[作詞:京 / 作曲:antz]

06. Miserable
[作詞:京 / 作曲:ミヤ」

関連記事

左から小林祐介、川谷絵音、関根史織。(c)テレビ朝日

The Novembers小林祐介、川谷絵音、ベボベ関根史織がどうしても語りたい4人の天才

約12時間
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」ロゴ

蘇我「ロッキン」にNumber_i、Vaundy、ポルノグラフィティ、UVERworld、あいみょん、INIら追加

1日
L'Arc-en-Ciel

ラルク「UNDERGROUND」アフターパンフ制作決定、フォトグラファー複数名によるライブ写真掲載

6日
MUCC

MUCC、鹿鳴館で逹瑯バースデーライブ&目黒爆音祭

12日
「[ kei ] LIVE 2024『0』」ビジュアル(撮影:尾形隆夫)

[ kei ]がアーティスト人生賭けたワンマンライブを誕生日に、そのタイトルは「0」

13日
「ANDROGYNOS - THE FINAL WAR -」告知ビジュアル

DIR EN GREYとPIERROTが7年の時を経て再び相まみえる…「THE FINAL WAR」舞台は代々木

15日
左からHISASHI(GLAY)、tetsuya(L'Arc-en-Ciel)。(c)ABCテレビ

GLAY・HISASHIとラルクtetsuyaが振り返るデビュー当時、“ライバル同士”の本音と戦略は

16日
MUCC「愛の唄」ミュージックビデオより。

MUCC新曲「愛の唄」MVでクールに演奏

18日
Petit Brabancon

Petit Brabanconの新作EP詳細、“エクストリーム”突き詰めた7曲をデリバリーピザでお届け

19日
MUCC

MUCC新作ジャケットは90年代ビジュアル系風

23日