JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Negicco武蔵野の地でアコースティックライブ、「また集まれてよかったね」としみじみ

Negicco「二十葱、武蔵野。-アコースティック-」の様子。
約1年前2023年05月22日 7:01

メンバーNao☆、Megu、Kaede全員の産休を経て活動を再開したNegiccoが、5月19日に東京・武蔵野公会堂でワンマンライブ「二十葱、武蔵野。-アコースティック-」を行った。

現役でアイドル活動を継続しながらメンバー全員が一児の母となり、今年7月にはグループ結成20周年を迎えるNegicco。7月23日には地元新潟の新潟県民会館 大ホール、8月13日には東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でアニバーサリーライブの開催を控えている。4月29日埼玉・八木橋百貨店カトレアホールで行ったトーク&ライブイベント「ゴールデンウィークの八木橋百貨店で感謝祭 2023(祝!20周年)」で本格的な活動再開を果たした彼女たちが次に挑んだのは、東京・吉祥寺の歴史あるホール会場でのアコースティックライブ。3人はsugarbeans(Key)、末永華子(Piano, Cho)、設楽博臣(G)、高橋結子(Perc, Cho)による生演奏をバックに計13曲のパフォーマンスを披露した。

複数のランプが灯りを照らすステージにシックな新衣装で登場したNao☆、Megu、Kaedeは、田島貴男(Original Love)が提供した2014年のサマーソング「サンシャイン日本海」でライブをスタートさせた。観客は軽やかなアコースティックアレンジに合わせて手拍子を鳴らす。1曲歌い終えたNegiccoは「皆さん、こんばんネギネギー」とおなじみのフレーズで挨拶。3人のトークは冒頭からライブとはまったく無関係なPayPayの話など次々と横道に逸れ、ホール内には大きな大きな笑い声が響いた。

カントリーテイストにアレンジされた「She's Gone」「くちびるにメロディ」、温かいムードに満ちた「グッデイ・ユア・ライフ」「ライフ・イズ・キャンディ・トラベル」、大人びた雰囲気でハーモニーをじっくりと聴かせる「ルートセヴンの記憶」「土曜の夜は」「ノスタルジア」と、アコースティックライブならではの選曲とパフォーマンスで観客を楽しませたNegicco。独特なグルーヴを持つ3人のトークは健在で、Meguが衣装を燃やした話、Kaedeが韓国でパスポートをなくした話、Nao☆が東京の電車乗り換えで右往左往した話など各自のキャラクターが垣間見えるエピソードが次々飛び出す。ライブ後半は「I Am A Punk!」「相思相愛」「I LOVE YOUR LOVE」とアップテンポな楽曲が続き、観客は着席のままながら手拍子を鳴らしたり緑のペンライト“Negiライト”を振ったりと大盛り上がり。大きな拍手に包まれる中、Meguは「今日、占いを見てたら双子座が最下位だったんですよ。ラッキーアイテムが石段だったのでこっち(東京)に着いてから探したんだけど見つからなくて」と唐突にテレビで観た十二支占いの話を始め、メンバー2人とバンドメンバーの星座、さらにはそれ以外の星座のランキングとラッキーアイテムを発表していく。メモを開いて次々と発表するも、バンドメンバー設楽の星座・射手座のメモが見つからず「射手座がない!」と大慌て。その後、Nao☆がパーカッションのリズムに乗せて観客の誕生月を確認するだけして何もしないという変な時間を過ごした3人は、最後にバラード「おやすみ」を歌唱。優しい歌声と音色がホール内を温かく包み込んだ。

アンコールを受けて再度登場したNegiccoが歌ったのは、2018年発売の4thアルバム「MY COLOR」に収録された冨田恵一作・編曲の「雫の輪」。ミラーボールに反射された光が楽曲の厳かなムードを増幅させ、3人の澄んだ歌声が染み入るように響き渡った。約4年ぶりとなる観客を入れてのワンマンライブを終えた3人は「また集まれてよかったね」としみじみ。Kaedeはこの日の選曲が、2020年7月の結成17周年記念ライブとほぼ同じセットリストだったことを明かす。この17周年ライブは本来、新潟縣護國神社で観客を入れて行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で急遽予定を変更し、新潟県政記念館からのオンラインライブとして実施されたもの。リーダーNao☆は「ステージに立って歌えることへの感謝があふれた1日になりました。Negiccoの20周年に向けて勢いをつけて盛り上げていけたらなと思います。これからも応援よろしくお願いします!」と締めくくり、3人は笑顔でステージを終えた。

Negicco「二十葱、武蔵野。-アコースティック-」2023年5月19日 武蔵野公会堂 セットリスト

01. サンシャイン日本海
02. She's Gone
03. くちびるにメロディ
04. グッデイ・ユア・ライフ
05. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
06. ルートセヴンの記憶
07. 土曜の夜は
08. ノスタルジア
09. I Am A Punk!
10. 相思相愛
11. I LOVE YOUR LOVE
12. おやすみ
<アンコール>
13. 雫の輪

Negicco 20th Anniversary Live ~MY LIFE is Negicco~

2023年7月23日(日)新潟県 新潟県民会館 大ホール
2023年8月13日(日)東京都 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

Kaede(Negicco)

Negicco・Kaedeが生誕ライブを新潟&東京で開催、バックバンドはひさびさのスカート

8日
Negicco

Negiccoの20周年ミニアルバムがフィジカル化、ジャケットは江口寿史描き下ろし

約2か月
Nao☆

Negicco Nao☆が歌とユーモアでファンを笑顔に!大盛況の36歳バースデーライブ東京公演

2か月
Nao☆(Negicco)「ゆるく ゆれる」配信ジャケット

NegiccoのNao☆新曲配信、THE BLDSが再び編曲担当

2か月
courtesea「恋始まりのダイアリー」ジャケット

新潟発アイドルcourteseaのニューシングル発売決定、東京初ワンマンも

3か月
カジヒデキ

カジヒデキ5年ぶりのアルバムでネオアコ回帰 客演に中森泰弘、深沼元昭、Negicco・Naoら

3か月
「LINE MUSIC PRAYLIST」ビジュアル

NGT48、NiziU、Negicco、フジファブ、ラッキリらが能登地震被災地を音楽の力で支援

3か月
Megu

NegiccoのMeguが第2子を妊娠

4か月
「YANUSHI LIVE TOUR 2024」告知ビジュアル

家主ライブツアーに堀込泰行、ピーズ、POLYSICS、Kaede、Summer Eye、ANATAKIKOU

4か月
Nao☆(Negicco)

NegiccoリーダーNao☆、東京&新潟で誕生祭ライブ開催

5か月