JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ジャニーズ事務所が心のケア相談窓口開設、経営体制改善に向けWBCコーチ白井一幸氏ら社外取締役に

12か月前2023年05月26日 7:05

株式会社ジャニーズ事務所が、先代社長・ジャニー喜多川氏による性加害問題について今後の対応を発表した。

ジャニーズ事務所はタレントへの心のケアが最重要と考えたうえで、本問題によって心を痛めたジャニーズ事務所の所属経験者全員を対象にした外部機関としての相談窓口を5月31日に開設。窓口ではプライバシーに配慮した形で心療内科医、公認心理師が相談者それぞれの心の問題に対応し、できる限りのケアを行う。

またジャニーズ事務所は今回の問題に関して、会社におけるガバナンス上の課題を浮き彫りにしたものであると考え、社内でガバナンス改善に向けた対応、準備を進めている。複数の識者の目を入れて、会社の問題点をしっかりと受け止める必要があることから、元検事総長であり現在弁護士の林眞琴氏による指揮のもと、専門家によって「外部専門家による再発防止特別チーム」を組成する。チームのメンバーとなるのは林氏、公益社団法人全国被害者支援ネットワーク理事および公益社団法人被害者支援都民センター理事長の飛鳥井望氏、性加害などの被害者支援を行っている臨床心理の研究者の3名。この3名はこれまでジャニーズ事務所とは関係を有しておらず、独立性、公正性を確保しつつ、ガバナンス上の問題点の把握および再発防止策の策定、提言をジャニーズ事務所に対して行う。なお臨床心理の研究者は、所属機関内で手続き中のため、現時点では氏名は公表されていない。

さらにコンプライアンス遵守、再発防止策の確実な遂行を含めた経営体制の改善と強化に向けて、社外取締役に中井徳太郎氏、白井一幸氏、藤井麻莉氏の3名が7月1日付で就任する。中井氏は「企業経営の脱短期思考」「SDGs やカーボンニュートラルの推進」などの発信を通じてさまざまな社会改革を提言してきた実績を持っており、今後はジャニーズ事務所に対して時代に即した企業のあり方、社会と向き合う姿勢作りなどを助言する。「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」で侍ジャパンのヘッドコーチを務めていた白井氏は、プロ野球の選手、コーチとして培ってきた経験をもとにしたコーチング理論で多くの企業や組織から高い評価を得ている。ジャニーズ事務所は、タレントとスタッフが白井氏のコーチングを受けることで、これまでよりも広く柔軟な視点を養えると考えている。藤井氏は第二東京弁護士会副会長としてハラスメント相談員、調査委員を担当し、企業のパワーハラスメント調査委員会委員経験を有する。藤井氏のハラスメント領域に対する高い専門性や実践経験は、コーポレートガバナンスの体制の強化に向けて大きな推進力になることが期待されている。