JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ラッキリが満員の豊洲PITで「本当にバンドをやってよかった」、次回ツアーで東京国際フォーラムに立つ

熊木幸丸(Vo)(撮影:石井亜希 / 田中聖太郎写真事務所)
11か月前2023年07月03日 5:01

Lucky Kilimanjaroが4月発売の最新アルバム「Kimochy Season」を携えて行ってきた全国ツアーのファイナル公演を、7月1日と2日に東京・豊洲PITにて2DAYSで開催。両公演ともチケットがソールドアウトし、会場は大きな盛り上がりとなった。この記事では2日目である昨日7月2日の模様をレポートする。

浮遊感のあるシンセが響き、ど迫力のドラムが空気を震わせながら、オープニングナンバー「光はわたしのなか」がスタート。熊木幸丸(Vo)は冒頭の歌詞「憧れのリキッドルームはおあずけ」を「憧れの豊洲PITで歌うよ」と替えて歌い、フロアからは歓声が沸き上がった。ビートに身を委ねて体を揺らしていたオーディエンスは、続いて「Kimochy」が始まると腕を上げて飛び跳ねながら大盛りあがり。「踊りに来たんですよね?」という熊木の声に煽られて、会場はどんどん熱気が増していく。その後もバンドは「果てることないダンス」「Heat」「ひとりの夜を抜け」など華やかなハウスミュージックを連発。派手なライトと立ち込めるスモークも相まって、広い会場内はさながら深夜のクラブのような雰囲気になっていた。

中盤には「越冬」「Moonlight」「地獄の踊り場」など落ち着いたムードの曲が続き、「咲まう」では熊木が椅子に座って歌唱。観客にじっくりと歌を届けた。今年になってTikTokでバズった初期曲「Burning Friday Night」では会場中で「踊ろう 涙忘れて」と大合唱。「週休8日」「エモめの夏」といったアッパーチューンでオーディエンスが縦に揺れる。「千鳥足でゆけ」では大瀧真央(Syn)が持ち込んだ日本酒のボトルを片手に、熊木が千鳥足でパフォーマンス。会場の熱気は「太陽」でさらに上昇し、観客は夢中になって踊りながら「踊れや!ほいやっさ!」と声を上げていた。

ライブ終盤になると、「350ml Galaxy」で熊木はジョッキに注いだビールを持ち込み、フロアに向かって乾杯して美味しそうにゴクリ。燃料を注入した彼は、ますますハイテンションになって「HOUSE」をパフォーマンスした。「まだ踊れますよね?」という熊木の問いかけに応えるように、オーディエンスはさらに体を揺らし続ける。「踊りの合図」「一筋差す」といったダンスナンバーを経て最後に披露されたのは、熊木がギターを弾きながら歌う、アルバム「Kimochy Season」のラストナンバー「山粧う」。ここまで約100分間、MCもなく全曲ノンストップで続いたライブは一旦終了した。

まだまだ踊り足りない観客からのアンコールを受けて再びステージに登場したメンバーは、まずは「人生踊れば丸儲け」を披露。熊木はその後「ダンスミュージックというのは、僕らも演奏するけど、みんなが踊って気持ちよく帰ってもらうことが一番大事だし、みんなが主人公だと思うので、こうやってライブをするのはずっと夢だった。今回のツアーはマジで最高だったし、本当にバンドをやってよかったなと思った」と感慨深げにツアーを振り返り、観客から大歓声が沸き上がった。さらに彼は、7月26日に新曲「後光」を配信リリースすることと、冬のツアー「Lucky Kilimanjaro presents.TOUR "YAMAODORI 2023"」が開催されること、そしてそのツアーファイナルが自身最大規模の会場、東京・東京国際フォーラム ホールAであることを告知。「『YAMAODORI』というのは去年のツアーのタイトルなんですけど、今までで一番踊れるようにしたツアーだったので、踊り足りない人はぜひこのツアーに遊びに来てください」と言って観客との再会を約束した。そして名残惜しげにしながら最後に「君が踊り出すのを待ってる」を演奏し、熱狂の一夜を締めくくった。

「Lucky Kilimanjaro presents. TOUR "Kimochy Season"」2023年7月2日 豊洲PIT セットリスト

01. 光はわたしのなか
02. Kimochy
03. 果てることないダンス
04. Heat
05. ひとりの夜を抜け
06. Drawing
07. 掃除の機運
08. 越冬
09. Moonlight
10. 地獄の踊り場
11. 咲まう
12. Burning Friday Night
13. 週休8日
14. エモめの夏
15. 千鳥足でゆけ
16. KIDS
17. 闇明かし
18. 太陽
19. ファジーサマー
20. 350ml Galaxy
21. HOUSE
22. 辻
23. またね
24. 踊りの合図
25. 一筋差す
26. 山粧う
<アンコール>
27. 人生踊れば丸儲け
28. 君が踊り出すのを待ってる

Lucky Kilimanjaro presents.TOUR "YAMAODORI 2023"

2023年10月29日(日)石川県 金沢EIGHT HALL
2023年11月5日(日)大阪府 Zepp Namba(OSAKA)
2023年11月12日(日)広島県 広島CLUB QUATTRO
2023年11月19日(日)宮城県 仙台PIT
2023年11月23日(木・祝)愛知県 Zepp Nagoya
2023年11月26日(日)福岡県 Zepp Fukuoka
2023年12月9日(土)北海道 Zepp Sapporo
2023年12月24日(日)神奈川県 KT Zepp Yokohama
2024年1月8日(月・祝)東京都 東京国際フォーラム ホールA

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO」ビジュアル

「ライジングサン」にUVER、森山直太朗、菅田将暉、DISH//、syrup16g、Hedigan'sら追加

7日
「FUJI ROCK FESTIVAL '24」出演アーティスト

フジロックにgroup_inou、ラッキリ、KEN ISHII追加 Gypsy Avalonなど6ステージの出演者も

18日
「LIVE AZUMA 2024」ビジュアル

福島「LIVE AZUMA」にクリープ、ラッキリ、スチャ、フォーリミら8組追加

19日
「SPACE SHOWER TV 35th ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER SPRING 2024」の様子。

春の「ラブシャ 」にスカパラや奥田民生ら23組登場、7月に特番放送決定

22日
「WILD BUNCH FEST. 2024」メインビジュアル

「ワイバン」に宮本浩次、Vaundy、BE:FIRST、クリープ、サカナ、オーラル、マカえんら63組

25日
「TOKYO ISLAND 2024」ロゴ

「TOKYO ISLAND」第1弾発表でSCANDAL、ラッキリ、打首、スカパラ、androp、凛として時雨ら

約1か月
Lucky Kilimanjaro「実感」MVのワンシーン

Lucky Kilimanjaro結成10周年シングルのMV公開、瞬間的に過ぎ去っていく時間を映像で表現

約1か月
「SWEET LOVE SHOWER 2024」チケット先行予約告知ビジュアル

夏のラブシャにスピッツ、エルレが初出演!アイナ、クリーピー、サカナクション、Vaundyら41組発表

約1か月
「Lucky Kilimanjaro YAON DANCERS 2024 supported by ジャックダニエル」の様子。(撮影:田中聖太郎)

“YAON DANCERS”になったLucky Kilimanjaro、来年は幕張メッセでワンマン

約1か月
三宅健「THE iDOL」初回生産限定盤Aジャケット

三宅健アルバム「THE iDOL」新たな参加アーティスト3人は

約2か月