JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ウエンツ瑛士と小池徹平のWaT、サブスク解禁

WaT
3か月前2023年10月25日 5:03

WaTの未配信だったシングルとアルバムのストリーミング配信が本日10月25日にスタートした。

2005年にメジャーデビューし、同年「NHK紅白歌合戦」に出場を果たしたウエンツ瑛士と小池徹平によるデュオグループWaT。彼らのメジャーデビューシングル「僕のキモチ」やシングル集「WaT Collection」、インディーズシングル「卒業TIME」、それぞれのソロデビュー作であるウエンツの「Awaking Emotion 8/5」 、小池の「君に贈る歌」といったヒット曲が各ストリーミングサービスで楽しめるようになった。

また、これまでに制作されたビデオクリップをすべて収録した「WaT Music Video Collection」から「卒業TIME」をはじめとする12本の映像配信も11月1日にスタートする予定だ。

WaT配信作品

シングル

・5センチ。
・Hava Rava
・Ready Go!
・ボクラノLove Story
・夢の途中 / TOKIMEKI☆DooBeeDoo
・時を越えて~Fantastic World~
・36℃
・君が僕にKissをした
・24/7~もう一度~

アルバム

・卒業TIME~僕らのはじまり~
・WaT Collection
・卒業BEST

映像 「WaT Music Video Collection」より

・Hava Rava
・TOKIMEKI☆DooBeeDoo
・Ready Go!
・卒業TIME
・僕のキモチ
・5センチ。
・ボクラノ Love Story
・夢の途中
・ラッキーでハッピー
・君に贈る歌
・時を越えて~Fantastic World~
・Awaking Emotion 8/5

関連記事

「ベストヒット歌謡祭2023」ロゴ

INI×なにわ男子×BE:FIRSTの同期コラボ実現「ベストヒット歌謡祭」香取慎吾×ゆずの同級生コラボも

2か月
「ベストヒット歌謡祭」ロゴ

渋谷凪咲の頭上にあなたのメッセージが降り注ぐ 「ベストヒット歌謡祭」初の3時間生放送

3か月
ジェシー(SixTONES)とウエンツ瑛士。(c)TBS

SixTONESジェシーとウエンツ瑛士がKinKi Kidsの名曲デュエット、今夜放送「ハマダ歌謡祭」

5か月
左からガチャピン、斉藤和義、ムック。(c)ガチャムク

斉藤和義がガチャピン&ムック誕生日会に登場、50周年祝いで「歩いて帰ろう」熱唱

10か月
「THIS is SUKKIRI “ほぼ毎日”LIVEフェス」第3弾出演アーティスト一覧

「スッキリ」ほぼ毎日フェス第3弾にスカパラ×長屋晴子、NiziU、宮本浩次、森山直太朗ら

11か月
「ベストヒット歌謡祭2022」番組ロゴ

「ベストヒット歌謡祭」に関ジャニ、JO1、乃木坂46、BE:FIRST、なにわ男子ら23組!観覧受付も開始

約1年
宮根誠司

「ベストヒット歌謡祭」3年ぶりに有観客会場から生放送

1年以上
NO IMAGE

あのちゃんにオススメの“汁”を松本人志やチャン・グンソクが提案

1年以上
NO IMAGE

Hey! Say! JUMP伊野尾慧主演「准教授・高槻彰良の推察」シーズン2が地上波初放送

2年近く