JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

藤原さくらの4週連続ワンマン完結、芳醇なバンドサウンドに乗せて届けた繊細な歌声

藤原さくら(撮影:上飯坂一)
4か月前2023年10月28日 11:06

藤原さくらのワンマンライブ「週刊空港」(シュウカンエアポート)の最終公演が10月24日に東京・WWW Xにて開催された。

「定番にしたいくらい楽しかったです」

「週刊空港」は今年5月にリリースされた4thアルバム「AIRPORT」を携えて行われた公演。10月3、9日の「Terminal 1」、10月17、24日の「Terminal 2」と4週連続で同会場にてライブが開催された。この記事では、4日目となる最終公演の模様をレポートする。

会場内に空港の館内放送のようなアナウンスが流れる中、藤原はバンドメンバーの伊澤一葉(Key / the HIATUS)、Meg(Cho)、山本達久(Dr)、名越由貴夫(G)、Curly Giraffe(B)とともにゆっくり登場。彼女は「My Love」でライブの幕をそっと開け、会場を穏やかな空気に包み込んでいく。そこから彼女は軽快なリズムの「Just the way we are」、スモーキーな歌声が映える「Cigarette butts」を披露し、観客は心地よい演奏とボーカルに身を委ねた。MCでは藤原は4週にわたって行われた公演を振り返りながら「あんまりない企画ですよね? 同じハコで毎回バラして毎回バラしてってやって大変だったんですけど、定番にしたいくらい楽しかったです」と感想を述べ、「楽しんでいってください。よろしくお願いします」と朗らかに挨拶した。

その後藤原は「迷宮飛行」「Feel the funk」というファンク色の強いナンバーを連続でパフォーマンス。グルーヴィで重厚感のあるベースサウンドと繊細な歌声が独特な調和を生み出し、観客の体をほのかに揺らしていく。跳ねるようなピアノの音色とソリッドなギターの音が絡み合う「Kirakira」では会場にハンドクラップが広がっていき、ステージと会場が一体に。またCurly Giraffeとツインボーカルを披露した「LA」ではカントリー調のサウンドに優しい歌声が乗せられ、会場がノスタルジックな雰囲気に包まれるなど、このバンドメンバーならではの多彩なパフォーマンスが続々と届けられた。楽器の音が有機的に絡み合うセッションパートを経て披露されたのは「放っとこうぜ」。この曲の演奏後に藤原は「最高のバンドメンバーに拍手を」と敬意を表した。

新曲「daybreak」をバンドで初披露

ライブ中盤に藤原は「『あのとき一緒にいてよかった』と思えたらどんな別れも別れじゃないというか。すごく実りのある時間だったんだなって思えるような、人と人との関わり合いをしたいなって、すべての人間関係で思うんですよね。そんなことを歌いました」と語り、「まばたき」を歌唱。湿り気のある歌声がじっくり届けられ、観客はその一音一音を味わうようにじっと耳を傾けた。その後藤原は「Wonderful time」をパフォーマンスし、さわやかなサウンドと透明感のある歌声でオーディエンスのハンドクラップを引き出す。そして彼女はラストに「Soup」と大滝詠一「君は天然色」のカバーを披露。温かなムードで本編を終え、ステージを去って行った。

アンコールの拍手に迎えられ、藤原たちは再び舞台上に登場。藤原は翌日にリリースを控えた新曲「daybreak」について「これってどうやったら解決できるんだろうと思うことってすごく多いじゃないですか。そういうことを考えるときに、『これってもしかしたら糸口になるかも』というものを見失わないでいたいなと思って、この曲を作りました」と語り、初めてバンド編成で「daybreak」を披露した。彼女は来年4月から全国ツアーを開催することを発表し、ラストに「mother」を歌唱。しなやかな演奏に乗せて儚い歌声を届け、ライブの幕をゆっくり下ろした。

藤原のオフィシャルファンクラブ「Meating」では11月6日まで全国ツアーのチケット先行予約を受付中。受付期間中に「Meating」に入会した人も予約申し込み可能となっている。詳細は藤原のオフィシャルサイトで確認を。

セットリスト

「『週刊空港』Terminal2」2023年10月24日 WWW X

01. My Love
02. Just the way we are
03. Cigarette butts
04. 迷宮飛行
05. Feel the funk
06. わたしのLife
07. Kirakira
08. LA
09. Waver
10. いつか見た映画みたいに
11. 放っとこうぜ
12. まばたき
13. 話そうよ
14. Wonderful time
15. Soup
16. 君は天然色
<アンコール>
17. daybreak
18. mother

公演情報

Sakura Fujiwara Tour 2024

2024年4月14日(日)福岡県 Zepp Fukuoka
2024年4月21日(日)宮城県 チームスマイル・仙台PIT
2024年4月28日(日)愛知県 Zepp Nagoya
2024年4月29日(月・祝)大阪府 NHK大阪ホール
2024年5月19日(日)東京都 NHKホール

関連記事

TEAM SHACHI「ライブハウスツアー2023-2024 WINTER~ライブスペクタクル!命短し、沸かせよ乙女~」東京公演の様子。(撮影:ヨシモリユウナ)

TEAM SHACHIのライブスペクタクル!新アルバム引っ提げてタフ民を沸きに沸かせる

1日
「KOBE SONO SONO '24」出演アーティスト

神戸「SONO SONO」にトータス松本、藤原さくら、角舘健悟、グソクムズら追加

6日
BAD HOP(撮影:木村辰郎)

歴史を塗り替え続けたBAD HOPが最後に見せた最高のヒップホップドリーム、5万人が東京ドームで大合唱

7日
「RECORD STORE DAY JAPAN 2024」メインビジュアル

あのちゃん「RECORD STORE DAY」アンバサダーに就任、限定盤タイトル一挙公開

11日
「ホフディラン 春のベースまつり2024」告知ビジュアル

ホフディラン「春のベースまつり」今年も開催、ウエノコウジやグレートマエカワら出演

13日
藤原さくら

藤原さくらがニューアルバム発表、サウンドプロデュースは石若駿

20日
「麦ノ秋音楽祭2024 #Harvest」出演者第2弾告知ビジュアル

「麦ノ秋音楽祭」に坂本美雨×関口シンゴ×ユザーン、MONKEY MAJIK、藤原さくら×優河

約1か月
the HIATUS「Gobble Up the Groove Tour 2024 - The Jive Turkey Rhythmic Expedition -」告知ビジュアル

the HIATUS、ジャズクラブツアー拡大版を全国開催

約1か月
Jane Jade

Jane Jade、2作目は藤原さくら&優河の共作「季節の音」

約2か月
武藤昭平 with ウエノコウジ

武藤昭平 with ウエノコウジが活動休止、窮屈になってしまったための決断

約2か月