JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

KANA-BOON、インディーズ時代に生まれた楽曲配信「奇跡的に今の自分たちに重なった」

KANA-BOON「47 SKIP STREET」千葉LOOK公演より。(撮影:マスダカイ)
4か月前2023年11月03日 8:05

KANA-BOONが新曲「夕暮れ」を11月20日に配信リリースする。

昨日11月2日に千葉・千葉LOOKで47都道府県ツアー「47 SKIP STREET」をスタートさせたKANA-BOON。「夕暮れ」は彼らがインディーズ時代に制作した楽曲で、昨日の公演にて突如リリースが発表された。谷口鮪(Vo, G)はこの曲について「この曲の歌い出しは『ドキドキドキドキするような想いを抱いて』だが、当時は、夢を描くたびにセットでくっついてくる焦燥感のようなものも含め愛していて、これから始まる物語に希望を持って過ごしていた。その歌が奇跡的に今の自分たちに重なった」とコメントしている。

谷口鮪 コメント

「夕暮れ」はまだ僕らがインディーズで活動していた時期に生まれた曲。

この曲の歌い出しは「ドキドキドキドキするような想いを抱いて」だが、
当時は、夢を描くたびにセットでくっついてくる焦燥感のようなものも含め愛していて、これから始まる物語に希望を持って過ごしていた。

その歌が奇跡的に今の自分たちに重なった。
10年以上の時を経て、あの頃とは何もかもが違うけど、
僕はいま「ドキドキ」している。
なんて素敵なことだろう。

レコーディング時、まわりのスタッフたちがこの曲を今リリースすることに対し、しきりに「エモい」「エモい」と言っていた。
そう、今の僕たちはものすごくエモいのだ。
この秋から春にかけて、エモい僕らが皆さんの街を訪れます。絶対ライブに来てください。

ツアーが始まる、ドキドキしている。

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

(c)ナタリー

KANA-BOON、来年も一旦ライブ活動休止「相応の準備が必要なため」全国ツアー&武道館公演は中止

2か月
Little Glee Monster

Little Glee Monster「COUNTDOWN JAPAN」出演決定、KANA-BOONのキャンセルに伴い

2か月
KANA-BOON。左から3番目が小泉貴裕(Dr)、4番目が古賀隼斗(G)。

KANA-BOONが年内の活動休止、小泉貴裕と古賀隼斗が脱退

3か月
KANA-BOON

KANA-BOONのツアー2公演が開催見合わせ、小泉貴裕の私生活に関する報道受け「協議に時間要する」

3か月
「COUNTDOWN JAPAN 23/24」ロゴ

幕張「COUNTDOWN JAPAN」4日間112組のタイムテーブル発表

4か月
KANA-BOON

KANA-BOONの47都道府県ツアー今日からの2公演延期 谷口鮪の喉の不調により

4か月
KANA-BOON

KANA-BOONが日本武道館ライブを2DAYS開催「パワーアップした姿を体感してください!」

4か月
aiko「星の降る日に」初回限定盤ジャケット

aikoニューシングルの全収録曲&ジャケット発表

4か月
谷口鮪

KANA-BOON「LIVE AZUMA 2023」出演キャンセル、谷口鮪がインフルエンザ感染のため

5か月