JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

BUCK-TICKは最後の1人になるまで活動継続、ニューアルバム制作も宣言「パレードは続きます」

「バクチク現象-2023-」の様子。(撮影:田中聖太郎)
3か月前2024年01月05日 8:05

BUCK-TICKが12月29日に東京・日本武道館公演「バクチク現象-2023-」を開催した。

バクチク現象とは

本来は「THE DAY IN QUESTION 2023」と題した日本武道館公演の開催を予定していたが、10月19日に櫻井敦司(Vo)が脳幹出血のために急逝し、公演中止を余儀なくされたBUCK-TICK。その後メンバー、スタッフチームで協議を重ね、新たに「バクチク現象-2023-」と銘打った公演を開催することを決めた。

「バクチク現象」はインディーズアルバム「HURRY UP MODE」の発売にあたり、1987年4月1日に東京・豊島公会堂で行われたライブのタイトルであり、その後も彼らにとってターニングポイントとなるライブや作品に使用されてきたタイトル。ライブの詳細な内容については事前に発表がなかったが、多くのファンが武道館に集まった。

さあ、始めようぜ! BUCK-TICKだ!

会場が暗転するとSEの「THEME OF B-T」に合わせて、力強いクラップが響く。そこへ樋口豊(B)、ヤガミ・トール(Dr)、星野英彦(G)、今井寿(G)が順に登場し、真っ赤に染まったスクリーンに「バクチク現象」の文字が出ると、いつも櫻井が登場する場所に彼のシルエットが映し出された。「さあ、始めようぜ! BUCK-TICKだ!」という今井の叫びから始まったのは「疾風のブレードランナー」。ステージのセンターにはマイクスタンドではなく、埋め込まれたライトが光を放っており、櫻井の歌声はまるで天から降り注いでいるように感じられた。

彼らは「独壇場Beauty -R.I.P.-」「Go-Go B-T TRAIN」「GUSTAVE」とアッパーチューンを連発し、今井も星野も今まで以上にアグレッシブなパフォーマンスでライブを扇動。「Go-Go B-T TRAIN」では「乗り遅れんな!」、「GUSTAVE」では「ニャオス。今日は楽しんでいってください」と、今井が言葉をかけるたびに、会場のボルテージは上昇していく。また櫻井と今井のツインボーカルによる「FUTURE SONG -未来が通る-」では、樋口が櫻井の動きを真似てみせ、櫻井の歌に重ねるように星野も歌声を響かせた。

櫻井の不在を映した「愛しのロック・スター」

櫻井の不在を鮮やかに映したのは、昨年8月に逝去したISSAY(DER ZIBET)と櫻井によるツインボーカル曲「愛しのロック・スター」。この曲では、スクリーンに在りし日の2人のライブ映像が映ると、客席から耐えきれず、すすり泣く声も大きくなった。今井のオリエンタルなインタールードで始まった「さくら」では、スクリーンと武道館の天井に舞い散る桜の花が美しく浮かび上がり、まるで葬送曲かのように「Lullaby-III」「ROMANCE」といった櫻井の耽美な世界観を強く打ち出したナンバーが次々に披露された。

今回のライブでは、全編にわたり櫻井の映像が映し出されたわけではなかったが、「Django!!! -眩惑のジャンゴ-」「太陽とイカロス」など彼の歌う姿がありありと目に浮かぶような楽曲がライブ終盤に数多くラインナップされ、「Memento mori」では客席をライトで照らす櫻井の映像の動きとリンクするように実際に客席がライトで照らされる。またステージの床をスモークが覆った「夢魔 -The Nightmare」では、まるで櫻井が目の前に君臨しているかのように、ステージに向けて観客が両手を掲げ、「DIABOLO」では4人がサーカス一座のような佇まいで座長の彼を盛り立てた。

あっちゃんは死んだけど、別にそれは悪いことじゃありません

ヤガミのドラムソロから始まったアンコールでは、「STEPPERS -PARADE-」を披露したのち、これまで表立ってコメントを出していなかったメンバーが1人ずつ今の思いを語った。樋口は涙で言葉を詰まらせながら、「BUCK-TICKはライブバンドなので、ライブをして成長してきました。そして皆さんと作ってきたと思っています。あっちゃんは天国に行ってしまいましたが、BUCK-TICKはずっと5人です。これからどんな未来になるかわかりませんが、これからも皆さんとBUCK-TICKを作っていきたいと思います」とコメント。ヤガミは「不良だった弟がこんなに立派なコメントを言うとは思っていませんでした」と少し空気を和ませて、「前代未聞というか、そういう状況になりました。続けていいのか、やめた方がいいのか、いろいろと考えましたが、こういうふうにファンの皆さんがいるので、これからもBUCK-TICKを継続させていただきたいと思います」と続けた。

星野は「今日新しい一歩を踏み出すことができました。不安の中、ここ武道館に足を運んでくださって本当にありがとう。不安だったよね。みんな不安でした。でもパレードはこれからも続きます。もう一度言います、パレードは続きます。この5人で」と宣言。そして今井が「やあ。人生は容赦ねーな。面白いぐらいドラマチックで。でも笑えねーよ。何死んでんだよ。なあ。大丈夫だよ、続けるからさ。一緒に行こうぜ」と観客に語りかけると、武道館は大きな拍手で包まれる。

「あっちゃんは死んだけど、別にそれは悪いことじゃありません。当たり前のことです。だから悲しんでも泣いても号泣してもいいけど、苦しまないでください。死んだことより、いなくなったことより、生きていたということ、存在していたことを大事にしてください」と続ける今井。「来年BUCK-TICKは新曲を作って、アルバムを作ります。最新が最高のBUCK-TICKなんで、期待しててください。でも覚悟しててください。次は3人になります。それでもパレードは続きます。次は2人、次は1人、たぶん最後の1人は俺かな。それでも続けるんで、みんなを連れていきたいと思います」と力強い言葉をファンに投げかけた。

行こう! 未来へと!

BUCK-TICKは「ユリイカ」で“LOVE”と“PEACE”を高らかに掲げると、「皆さん自分を愛しましょう」という櫻井のMCから「LOVE ME」へ。ここで初めて4人の生演奏と、櫻井の歌と映像がずれてしまうというハプニングが起こった。メンバーはなんとか立て直そうと必死に演奏し、観客もなんとか力になろうと一生懸命に合唱。歌い終わる頃には演奏もピタリと合い、「また会いましょう。また会いましょう。必ず」と手を振ってステージを降りる櫻井を見送った。さらに「COSMOS」「名も無きわたし」と、会場を大きく包み込む櫻井からのメッセージのような2曲が演奏されたのち、ダブルアンコールで披露されたのは「行こう! 未来へと!」という櫻井のメッセージで始まる「New World」。会場中に広がった無数のミラーボールの光と力強い演奏が、まだ見ぬ未来を明るく照らしていた。

終演後、スクリーンに過去のミュージックビデオが上映され、2024年12月29日にも日本武道館公演が開催されることが告知された。

セットリスト

「バクチク現象-2023-」2023年12月29日 日本武道館

SE. THEME OF B-T
01. 疾風のブレードランナー
02. 独壇場Beauty-R.I.P.-
03. Go-Go B-T TRAIN
04. GUSTAVE
05. FUTURE SONG - 未来が通る-
06. Boogie Woogie
07. 愛しのロック・スター
08. さくら
09. Lullaby-III
10. ROMANCE
11. Django!!! - 眩惑のジャンゴ-
12. 太陽とイカロス
13. Memento mori
14. 夢魔 -The Nightmare
15. DIABOLO
<アンコール>
16. STEPPERS -PARADE-
17. ユリイカ
18. LOVE ME
19. COSMOS
20. 名も無きわたし
<ダブルアンコール>
21. New World

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「ATSUSHI SAKURAI x TAEYANG / 魅世物小屋が暮れてから~SHOW AFTER DARK~」

BUCK-TICK櫻井敦司のドール発売「魅世物小屋が暮れてから」の衣装を再現

約1か月
BUCK-TICK

BUCK-TICK、明日発売ライブ映像作品より2曲の映像公開

約1か月
THE MORTAL

BUCK-TICK櫻井敦司率いるTHE MORTAL、唯一のライブ音源がサブスク解禁

約2か月
BUCK-TICK

BUCK-TICK、2023年全国ツアーより最新アルバム2曲の映像公開

約2か月
BUCK-TICK

次回「関ジャム」はBUCK-TICK特集 西川貴教、綾小路翔らファン4組と魅力を分析

約2か月
「櫻井敦司 EXPLOSION 愛の惑星 LIVE 2004」キーカット

BUCK-TICK櫻井敦司の誕生日にソロ活動の映像オンエア

2か月
BUCK-TICK「TOUR 2023 異空-IZORA- 0723 TOKYO GARDEN THEATER」完全生産限定盤ジャケット

BUCK-TICKライブ映像配信企画「SUNDAY LIVE STREAMING」今週末より6週連続で開催

3か月
BUCK-TICK「バクチク現象-2023-」告知ビジュアル

BUCK-TICK愛を永野とヒロシが語り合う、「バクチク現象-2023-」の舞台裏もレポート

3か月
「ミュージックステーション」メインビジュアル (c)テレビ朝日

今夜「Mステ」で櫻井敦司やチバユウスケらの名曲オンエア、5人体制King & Princeの映像も

3か月