JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

BEYOOOOONDS「ソロフェス!」に次ぐ特番、個性生かしたソロパフォーマンス披露

BEYOOOOONDS
約1か月前2024年03月25日 11:01

BEYOOOOONDSの特別番組「BEYOOOOONDS SONIC」が3月31日にCSテレ朝チャンネル1で放送される。

この番組は2020年と2021年に放送された、ハロプロメンバーがセルフプロデュースでソロパフォーマンスを披露する「ソロフェス!」に続く特別番組。BEYOOOOONDSのメンバーは、「ソロフェス!」のような優勝を争う形式ではなく、それぞれの個性を生かしたソロパフォーマンスをカメラの前で披露する。

BEYOOOOONDS 収録後コメント

平井美葉

いやーもう、すっごい楽しかったです。「ソロフェス」のときは反省点もあったんですが、今回は今できることは全部頑張れたかなと思います。ダンスを選んだのは、やっぱりハロプロのアイドルとして歌とダンスの両立を意識して頑張っていますし、私の場合オーディションで「ダンスが得意です」と言って通ってきたので。そこをもう一度みなさんに認識してほしいと思いました。菅原小春さんの楽しそうに踊っている姿を見てダンスって楽しいものなのか、ということを教えてもらったんです。以来ずっと目標は菅原さん。今回は菅原さんのコレオをそのまま踊らせていただいたんですが、菅原小春さんはきっとここの音のとり方を大事にしているだろうなとか、この緩急の付け方を楽しんでいらっしゃるんだろうなというのを、映像で一個一個研究して取り入れました。普段のBEYOOOOONDSのパフォーマンスとは結構違うと思います。今回は菅原さんをリスペクトしましたけど、ただの真似ではなく、自分も研究して楽しく踊るということを大切にしたので、そこを見てもらいたいですね。

西田汐里

ハロプロの楽曲はこんなに楽しいんだよというのを伝えたいと思って挑みました。「ブギートレイン'03」は、つんく♂さんならではの語尾だったり、言葉はじめに小さい「ん」がついたり、いわゆるハロプロらしさがたくさん詰められていると思って。「泣いちゃうかも」は切ない曲から1曲と思ったんですが、この楽曲は失恋した女の子の曲なのでソロで歌うならと選びました。「この地球の平和を本気で願ってるんだよ!」はハロプロは地球とか大きな愛をテーマにした楽曲も魅力の一つだと思っているので。この地球の平和を本気で願っているんだよ、という感じがなぜかすごく元気づけられるし、本当にいい曲だなと思い選曲しました。今回はスタイリングにもこだわっていて衣装も私の中のハロプロのイメージなんです。ショートパンツでお腹出し、髪型は巻きおろし。靴もめちゃ厚底のブーツで。かわいいけどカッコいいという。それを表現したくてお伝えしてできた衣装なので、ぜひ見ていただきたいですね。

前田こころ

楽曲を通して私が強い女になりたいと思っての選曲となりました(笑)。基本的にめちゃめちゃ上がり症で、人目を気にするタイプなんです。私はこういう道で行くんだみたいな強さを持った女性たちの楽曲を歌うことで、自分を強くできたらと思いました。ソロはハロプロ研修生のころの実力診断テストや、「ソロフェス」もありましたが、研修生時代の名残りで審査されているみたいな気持ちになっちゃうんです(笑)。すごく緊張しちゃうので。今日の私の目標は「緊張すると言わない」でした(笑)。言葉にしたらやられちゃうので絶対に言わないぞーという気持ちで来ました。曲を選ぶのは大変でしたが、放送のときに自分が選んだ歌詞を画面に出していただくことになっていたので、歌詞にもこだわって選びました。見ている方には目と耳でも楽しめると思います。今日もたくさんのカメラで撮影されていると本当に気が抜けないなと緊張しましたが、楽曲のおかげでちょっと強くなった気がしました(笑)。

島倉りか

個性豊かなメンバーの中で、みんなとは被らない個性を出したいと思ったんです。ゴスロリの衣装は自分が着てみたかったというのもありますし、ファンのみなさんに喜んでもらいたかったという気持ちもありました。普段はこういうフリフリの格好とかしないのでこの機会に目でも楽しんでもらいたいなと思って(笑)。ミュージカル風にした理由は、BEYOOOOONDSには演技がつきものなので、その特徴を活かしたパフォーマンスをしたいなと思ったからです。見ている人がずっと楽しめる演出にしようと、ちょっとミュージカルっぽい感じで歌おうと。でも、1人ではぜんぜん違いますね。普段と使っているノドもぜんぜん違う感じがしました。BEYOOOOONDSでは太い声というか、クセを強くつけて歌う曲が多いんですが、今回は可愛いに全振りしてみました(笑)。ファンの方にちょっと雰囲気違うなと思ってもらえたらうれしいですね。フリフリの衣装もこういう機会じゃないと着られないのでテンションも上がって楽しくパフォーマンスできました。可愛かったので満足です(笑)。

江口紗耶

バースデーイベントなどではかっこいい曲やセクシーな曲といったジャンルで選曲するのですが、それ以外のジャンルでと考えたんです。「色」が入っている楽曲というのも考えましたが、小道具を使う「動物」にしました。猫、イノシシ、蝶となったのはわかりやすさもありますし、やっていることと曲調のギャップも見せたかったんです。衣装や曲はセクシーなのに、やっていることはシュールみたいなギャップを見せたいなと思って(笑)。3曲の中では「チョット愚直に!猪突猛進」が難しかったですね。ガナリがBEYOOOOONDSの曲にはないので、ガナリのやり方とか教わったことがないんです。独学でやった感じです(笑)。本家の凄さを痛感しましたね。「ブラックバタフライ」で蝶の羽をつけるのがちょっと…(笑)。それも含めて見てもらえたらなと思ってはいるんですが、思ったほど肩が回らなくて驚きました(笑)。歌いながら使う小道具が今日初めて見たので、それまではイメトレしかできなくて(笑)。楽屋などでペットボトルをイノシシのぬいぐるみがわりに練習していました(笑)。

里吉うたの

ダンスが特技でダンスを武器に加入したのでぜひお見せたしたいと思っていました。ストリートダンスからジャズダンスも含めて全部で6ジャンルのダンスを踊れるハロプロの曲を選ぶところから始まって。家族にも「これいけるかな」と相談して選曲しました(笑)。さらにその曲を自分で切って貼ってメドレーの音源を作ったり、振り付けを考え、あと映像も全部自分で作りました。間に合うかなと心配しながらの準備を1番頑張りました。もう本当に前日の夜中までずっとやっていました(笑)。小さいころからダンスの発表会なども母に見せたりしていたので、里吉家の文化じゃないですけど成果物を見せるみたいな(笑)。そういう文化が根強くあるので今回も逐一どうかなと相談しました。今回はソロのステージをいただいたと思ってカメラを止めずにノンストップでやってみたい、というのが一番の挑戦でした。だから衣装替えのときも「ゆっくりでいいですよ」とスタッフの方は言ってくださったんですが、「1分で着替えます!」と言って頑張りました(笑)。

清野桃々姫

本番まで時間があまりなかったので準備は大変でした。ずっと夜、体育座りしてリリックを書いたり。ビートボックスも家で録音してロジックで音を編集して音出しとかもやりました。テルミンをやろうと決めたのも3日前ぐらいなんですが、もともとはサンプリングにテルミンの音だけ録音して入れていたんです。でも今日になって先生に背中を押されてやってしまいました。私、1回きりしかないライブが大好きで、今回は放送ですけどライブと同じで1回1回が違うものだと思うし。そういう感じで楽しもうと思ったので。正直手こずったところもありましたが、ライブなんでいいです、みたいな感じ(笑)。始まったらめちゃ楽しかったです。超楽しかった。ラップの詞づくりも初めてでしたが、いざやってみると本当に言葉が止まらなくて悩みました。出過ぎで厳選するのに悩みました。衣装も自前で、この帽子はもともとバッグなんです。黄色の帽子がなくて探していたときに、昔古着屋さんで買った帽子が現れて、ほつれさせて持ってきました。そんなこんなのパフォーマンスなので、皆さんには絶対に見てほしいです!

小林萌花

ピアノではバラード調の曲が得意なので、バラードでピアノとなるとつばきファクトリーさんの曲かなと思いました。その中でもアレンジがしやすくて、かつピアノで1番と2番、ラスサビとアレンジを変えていけるような曲をということで「イマナンジ?」に。なので、最初は静かですけど、最後に行くにつれていろいろな音が重なってきて、ラストはすごくダイナミックな感じでという構成で作りました。難しかったのは、四拍子に対して三連符とか、九連符とか、歌いながら奇数の音を弾く、という部分です。いわば口と手がズレている状態なんです。そのアレンジのおかげでハープが鳴っているみたいな壮大な感じがするんですよね。そんな連符が多い楽曲だったので、自分の歌のテンポを保ちながら手はたくさん弾かなければいけないというのは大変でした。見る人が見たら「何やってんの?」というぐらい、すごいアレンジだと思います。それもあって本当に緊張しました。リズムがズレちゃったりとかあったとは思いますが、他のメンバーと違ってオケでやっていないからこその音楽の揺れみたいなものは逆に楽しんでもらえるかなと(笑)。他のパフォーマンスとちょっと違う空気感を感じていただければうれしいですね。そこも狙っています(笑)。

高瀬くるみ

この曲を選んだのは主人公が一人でストーリー性があったこと、曲中のセリフで物語を広げられるなと思ったので。もともとこの曲がすごく好きでカラオケではよく歌っていたんですが、関西出身ではないので歌う場面もない。でも、今だったら歌っても不自然じゃないと思ったんです。脚本はもちろん、撮影の仕方とかなにもかも初めてでした。これだけ全部自分でプロデュースしてみると、どんな映像になっているか見るのが楽しみですね。失敗もあるとは思いますが、それはそれでと思えるぐらい今は充実感がすごいです。自分としてはけなげなかわいい女の子を演じられたらいいなと思いました。BEYOOOOONDSではあまりヒロイン的な役柄がなかったので、今回はそういうところで見せたことがないお芝居をと思って頑張りました。とても楽しかったので、今後BEYOOOOONDSの映像作品などで演出にも関わることができたら嬉しいですね。

山崎夢羽

松浦亜弥さんは家族みんなが好きで、母はいつも寝る前に松浦さんの曲を歌って聴かせてくれていました。今回は持ち時間が長かったので、メドレーでいろいろな曲を贅沢に歌わせていただきました。「♡桃色片想い♡」は以前先輩の梁川奈々美さんと一緒にやって以来、1人でやったことはなかったので初めて1人で歌いました。「GOOD BYE夏男」と「ドッキドキ!LOVEメール」は私が大好きな松浦さんの楽曲なんです。今回勉強するために松浦さんの映像を見ていたら楽しくなってきちゃって(笑)。本当にすごく偉大なアイドルだったんだなと感じています。みなさんが知っている松浦さんの曲をやるのはすごいプレッシャーですけど、個人的にはやったことがある楽曲だったので、さらにブラッシュアップしてメドレーでできたらいいなと思って来ました。母にも話したら、ちゃんと勉強しなさいよって言われましたね(笑)。ただ緊張しちゃって…。ソロだし、みんな見ているし、松浦さんの曲だし、いろいろな緊張がすごかったです。いい経験になりました。

岡村美波

普段のDJみいみは、お客様が声を出せる、コールをしやすい曲や有名な曲を選ぶことが多いのですが、今回はテレビというかなり作られた空間で完成したものを見ていただく機会だったので、いつもと違いセリフを意識しました。「アジアンセレブレイション」はDJみいみの最初に使う曲だと何年も前から思っていて、ずっと温め続けていたんです。もうここぞとばかりに1曲目に入れると思いました(笑)。あと最後の「ヤッタルチャン」も私が大阪出身なので、関西弁の楽曲をよりたくさんの方に見てもらえるこの機会にやりたいなと思いました。たくさんこだわりは詰め込めたかなと思っています。DJみいみの衣装もかわいくて“ザ・アイドル”みたいな、私が小さいときに夢見ていたアイドルをそのままできたらいいなと思っていたので、アイドルらしくDJするのをモットーに頑張っています。でも、本番になると練習ではあんなにできていたのに、というのが結構あってやっぱりもっともっとステージを経験して慣れていきたいなと思っています。

CSテレ朝チャンネル1「BEYOOOOONDS SONIC」

2024年3月31日(日)20:00~22:00

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

(c)ナタリー

BEYOOOOONDS単独ライブの大阪&奈良公演が中止に、歌唱困難なメンバーが多数いるため

11日
平井美葉(BEYOOOOONDS)

BEYOOOOONDS平井美葉、2nd写真集は「私が思う私らしい“私”を感じられる」1冊

17日
山崎夢羽(BEYOOOOONDS)

BEYOOOOONDS山崎夢羽が卒業「もっともっと成長していきたい」

26日
モーニング娘。'24

「ひなフェス 2024」閉幕、ハロプロメンバー85名が計146曲披露

28日
Juice=Juice

「Hello! Project ひなフェス 2024」開幕!Juice=JuiceとBEYOOOOONDSが新曲初披露

約1か月
一岡伶奈

BEYOOOOONDS一岡伶奈、グループおよびハロー!プロジェクトを卒業

約2か月
「JAPAN JAM 2024」ロゴ

「JAPAN JAM」にチリビ、IMP.、Novelbright、BEYOOOOONDS、4s4ki、ふるっぱー、打首ら

2か月
GOODM!X

ハロプロ×「つぶグミ」のコラボユニット誕生!オリジナルソングMV公開

3か月
BEYOOOOONDS

BEYOOOOONDS×オーケストラが再び!「BEYOOOOOPHONIC」今年は2都市で開催

3か月