JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

エルスウェア紀行のワンマンライブに千ヶ崎学、sugarbeans、クロサワ

エルスウェア紀行
約1か月前2024年04月25日 4:04

エルスウェア紀行のワンマンライブ「幌をあげる」が5月19日に東京・WWWで開催される。

千ヶ崎学(B)、sugarbeans(Key)、クロサワ(G)を迎えたバンド編成で行われる本公演。チケットは各プレイガイドにて販売されている。

またエルスウェア紀行は昨日4月24日に配信シングル「素直」をリリースし、同曲について「悶々とするそれぞれのこころの隙間を、生あたたかく埋めるように聴こえてくる音楽になればと思っています」とコメントしている。アートワークはヒナタミユ(Vo)が手がけた。

エルスウェア紀行 単独公演「幌をあげる」

2024年5月19日(日)東京都 WWW

エルスウェア紀行 コメント

この曲は何度もレコーディングをしました。目的の質感にする為にかなり遠回りはしましたが、ゴージャス過ぎない音、ワンルームで鳴る音を大事にしながらも“エルスウェア紀行”としての旅を忘れないイメージで作りました。
「素直」なサウンドに対して絶品のスパイスと煌めきを千ヶ崎学さんのベースもポイントです。
“無添加”で「はじめてく無添加な愛で」と歌ったけれど「素直」「ありのまま」ってなんだろう。誰にも助けを求められなかった自分だけの悲しみやさみしさと向き合うほど、自分自身の温度やあたたかさの一部となっていくそれらを抱きしめてしまうことがあるように。
今更捨てることが難しくなった歪さを置いていけない、という感覚が素直でいられない難しい感覚をつくるのかもしれない。
“悲しみと手を繋いでいられたらいいじゃん!”と気ががついた時にそれらはもう自分自身と手を繋いでいるし、「ありのまま」を探すことをやめた時に“とっくにひとつの素直”なのだとしたらいいな。
悶々とするそれぞれのこころの隙間を、生あたたかく埋めるように聴こえてくる音楽になればと思っています。

関連記事

H Jungle with T(撮影:渡邉一生)

H Jungle with t復活!SixTONES野外フェス初出演!東方神起、三浦大知らも熱演「ごぶごぶフェス」

14日
Nao☆

Negicco Nao☆が歌とユーモアでファンを笑顔に!大盛況の36歳バースデーライブ東京公演

約1か月
中田裕二

中田裕二の新アルバム「ARCHAIC SMILE」は作詞作曲、演奏すべて1人で担当

約2か月
「堂島孝平生誕フェス -2024-」の様子。(Photo by KEIKO TANABE)

堂島孝平「生誕フェス」竹内朱莉もお祝いに駆けつけ、めでたく閉幕

3か月
Nao☆(Negicco)

NegiccoリーダーNao☆、東京&新潟で誕生祭ライブ開催

4か月
キンモクセイ

キンモクセイ新作アルバム発売、東名阪でリリース記念ライブ開催

4か月
大森靖子

大森靖子が全国24カ所巡る、自由字架編成や四天王バンド編成で

5か月
堂島孝平

堂島孝平が「生誕祭」を卒業、来年からは「生誕フェス」に

6か月
MAPA

MAPAの現体制ラストシングル「Snowbud / BIGHOUSE」詳細発表、新アー写も公開

6か月